好奇心の隙間理論とは?(知らなくても焦るな!)

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

コピーライティングを学んでいると、

 

「こんなことも知らなかったのか・・・」

 

「これも知らなくてはいけないのか・・・」

 

「ここまで知らないと書けないのか・・・」

 

と焦ることもあると思います。

 

でも、「知らないこと」については「そういうものだ」と思って、気にしないでください。

 

なぜなら、知識というものは、どんなに学んでも学び尽くすことができないものだからです。

 

あなたは、「好奇心の隙間理論」という話を聞いたことがあるでしょうか?

 

「好奇心の隙間理論」とは例えば、日本を好きで学んでいる外国人が47都道府県中、45個を一生懸命覚えたとしたら、残り2県が気になってしかたなくなってしまう心理状態のことを示しています。

 

でも、47都道府県中、東京と大阪の2つしか知らなかったら、残りの県のことはそんなに気にならなくなります。

 

つまり、知識というものは学べば学ぶほど、その隙間を埋めたくなってしまうものなのです。

 

「知識の隙間を埋めなきゃならないという不安」

 

この不安がある限り、知識の隙間は埋めても埋めても、埋まりきることがありません。それこそ、キリがありません。

 

ネットで売っている「稼ぐ系のノウハウ」を追い求めている人は、本当に稼ぐことを求めているのではなく、知識の隙間を埋めたい欲求で、あらゆるノウハウを買い続けているのです。

 

コピーライターが様々な知識を学ぶことはもちろん、大切なことです。でも、それよりも大切なことは実際にコピーを書くことです。

 

もし、自分で書いたコピーが100点満点中10点で、そのコピーでは商品・サービスが全く売れなかったとしても、何も書かなければ0点なので、書かないよりはよっぽどマシです。

 

たとえ、あなたが最初に書いたコピーが散々な結果に終わったとしても、一度経験したことは確実に自分の血となり肉となっています。

 

100点中10点でも10点あれば、それを改善して20点、30点に増やしていくことができます。

 

コピーライターに必要なことは趣味のように学んで、とにかくコピーを書きまくることです。

 

売れるコピーを書くためには、とにかく大量のインプットが必要です。

 

インプットの仕方は、読書やセミナーが一般的ですが、もう一つ、最高のインプットは自ら体験することです。

 

コピーライターにとって体験することとは、コピーを書くことです。

 

どんな分野においても、体験とは最高の教育なのです。

 

さあ、最初はブログでもメルマガでもなんでも構わないので、とにかく、書くことをすぐに始めていきましょう!

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)