成功者の「たった1つの思考習慣」を公開します!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

これから、あなたにとても重要なことを言います。

 

でも、もしかしたら、あなたは僕の話を聞いて、

 

「なんだ、そんな当たり前のこと」

 

と思うかもしれませんが、あなたがこの考え方と行動ができるかどうかが、あなたの日々、そして将来の成功を決定付けてしまうほど、インパクトのある大事な話です。

 

もし、あなたが本当に成功を掴み取ろうと思うのなら、この習慣をしつこいほどに身につけることに集中してください。

 

それは、

 

「どんな些細な物事においても、二つの側面から考えること」

 

です。

 

どういうことかというと例えば、

 

突然、あなたは素晴らしいクライアントと出会って、他のクライアントの10倍以上の商品・サービスを買ってもらうことができたとします。

 

あなたは当然、一気に売り上げが上がったので、ハッピーですよね?

 

しかし、この大チャンスの中には、大ピンチの芽も含まれています。

 

例えば、あなたはこのクライアントに依存してしまい、自分のビジネスの仕組み、または商品・サービスを改善する努力を怠るようになってしまうかもしれません。

 

ビジネスは日々、改善の繰り返しなので、毎日の将来に向けた一つ一つの準備や努力が、後々の自分を創り上げます。

 

もしかしたら、理想的なクライアントに出会い、信じられないような売り上げを上げたことがかえって、明日への準備を怠ることのきっかけとなってしまうかもしれません。

 

一方で、ある日突然、あなたの重要クライアントから取引停止を言い渡され、売り上げの半分以上がなくなってしまったとしたら、あなたはどうしますか?

 

きっと、落ち込み、

 

「なんでこんなことが起こってしまうのか?」

 

と自分自身の運命を呪ってしまうことでしょう。

 

しかし、この出来事がかえって1人、1社に依存しないビジネスの仕組みを構築することのきっかけとなり、半年後には、強固な顧客基盤を築くことにつながるかもしれません。

 

つまり、僕があなたに一番伝えたいことは、

 

「チャンスの中にもピンチの芽があり、ピンチの中にもチャンスの芽がある」

 

ということです。

 

本当の成功者は、自らの身に起きる出来事に対して、楽観も悲観もしません。

 

なぜなら、一つの出来事の中には楽観できることも悲観できることも、チャンスもピンチも同時に含まれているものだからです。

 

真の起業家は、ピンチの中に隠されたチャンスを見つけ、また、チャンスの中に潜むピンチを見抜く習慣を持っています。

 

あなたもこの「視点」を持つだけで、あなたの身の回りで起きる出来事に振り回されるのではなく逆に、自分の仕事や生活に生かすことを考える習慣が身につくようになります。

 

そして、この習慣こそが成功者を創り上げる力になるのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)