成約率をアップさせる「たった2つ」の方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

From:HIRO

「成約率が上がらない・・・」という「悩み」を解決する

最近、お客さんからよく受ける悩み相談に、

「ウェブサイトの成約率が伸びない・・・なんとかできないか?」

というものがあります。

たとえば、

「アクセスは集まるのに、そこからの成約率が1%を切ってしまって困っているんだよね・・・」

という悩みです。

ちなみに、多くの人はヤフーニュースなんかで取り上げられた話題を自分の商品・サービスと関連づけて、アクセスアップに躍起になっていますが、そもそも成約率の低いページに大量のアクセスを流したとしても、あまり意味ありませんよ(アドセンス広告が収益モデルで、広告を踏ませること自体が目的であれば別ですが)

だって、

100アクセス×成約率0%だと当然、結果は0ですよね。

でも、

100アクセス×成約率1%では結果は1、それを5%に改善できたら結果は5になります。

つまり、まずは、アクセスを集めるのではなく、アクセスを集めるページの成約率を高めることに注力することが、収益を高めるための王道です。

穴の開いたバケツに水を入れても水は一向に溜まりませんよね。まずは、穴を塞ぐことからやらなければダメですよね。

ここまでは、当たり前の話です。

なぜ、成約率が上がらないのか?

では、なぜ、アクセスが集まるページ(ランディングページと言いますので以下、ランディングページと表記します)の成約率が上がらないのでしょうか?

多くの原因は、ランディングページで扱うテーマが広すぎるんです。

どういうことかというと例えば、多くの人は、

「○○大学に合格する方法」

という大きなテーマで記事を書いています。

方向性は間違っていないのですが、これだとテーマが広すぎるんです。

この例でいうと、ランディングページに集まる人は「○○大学に合格したい」と思っています。

しかし、実際に悩んでいることは、○○大学に合格するために必要な英語の点数が伸びないとか、勉強するためのモチベーションが上がらないというように、もっと具体的なことなんです。

ランディングページを「悩み別」に分ける

そこで、あなたのサイトのランディングページをもっと細かく「悩み別」に分けてみてください。

たとえば、こんなふうに、

○○大学に合格する方法

  • 英語の点数を上げる方法
  • 数学の点数を上げる方法
  • 国語の点数を上げる方法
  • 理科の点数を上げる方法
  • 社会の点数を上げる方法
  • モチベーションを維持し続ける方法
  • 無理せずに確実に続ける勉強法

うまくいく人は一体、何をしているのか?

同じ商品・サービスを扱っていても、うまくいく人、うまくいかない人がいます。

うまくいっていない人のランディングページはテーマが広くて、漠然としているのです。

逆に、うまくいっている人のランディングページはターゲット別、悩み別というように、お客さんのニーズや欲求を細かく拾い上げることができているのです。

うまくいっている人というのは日頃からお客さんに関心を持ち、お客さんとよく話すことで、この細かいニーズや欲求をよく把握することができています。

どうすれば、ランディングページの成約率を上げられるのか?

どうすれば、ランディングページの成約率を上げられるのか?

「2つのこと」をする必要があります。

まずは、あなたのお客さんのことを良く知ること。お客さんのニーズや欲求が分からなければ、そもそもランディングページを作ることができません。

それから、お客さんの細かなニーズや欲求を満たすためのランディングページを複数設置していきます。

「たった2つのこと」ですが、これをやるのとやらないのでは、結果は雲泥の差です。

「2つのこと」を実践すると何が起こるのか?

この「2つのこと」を実践すると何が起こるのでしょうか?

当然、成約率が変わります。

それから、ニーズや欲求別にランディングページをつくるので、相乗効果でアクセス数もアップします。

つまり、1つのランディングページにアクセス数を流すことを一生懸命に考えるのではなく、複数のニーズや欲求に対応したランディングページを複数つくることで、成約率をアップさせることができるのです。それをすれば、おまけにアクセス数もアップさせることができてしまいます。

あなたもぜひ、これを実践してみてください。やればすぐに成果が出る鉄板の方法なので、やらないと損ですよ。

追伸

全世界100万人の起業家が読んだ伝説の「マニフェスト」が
完全版で日本上陸!あなたはトップ4%の起業家になれるのか?

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)