新規事業担当者に最も求められるものとは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

あなたはiPadを使っていますか?

 

僕はついに先日、購入しましたが、とても便利ですよね。

 

「今まで、何で買わなかったんだろう」って思うぐらい今、iPadは僕の仕事や生活の中に入り込んでいます。

 

さて、随分と昔の話なのですが、2010年4月のサイバーエージェント藤田社長のブログにこんな話が紹介されていました。

渋谷で働く社長のアメブロ(2010-04-27 22:18:33 )より引用

少し早い誕生日プレゼントということで、
アメリカ西海岸に出張に行っていた社員たちから
ipadもらいました。(ありがとう!(=´;ω;`=))
iphoneとitunesを普段から使っている人にとっては、
これは普及すると直感する端末だと思います。

噂は色々聞いてましたが、やはり触ってみるのが一番です。

ブログが出現した時、それまでの掲示板や日記サイトと
何が違うのかよく解らなかったけど、
使ってみて初めてその可能性を実感したり、

最近ではtwitterの説明を何度聞いても
つぶやきの何が面白いのか解らないのと同じで、
ipadも触って使って初めて解りました。
結果から考えれば、
新規事業は関係者に言葉を尽くして説明するよりも、
アウトプットの姿を見せてしまったほうが判断を間違えない
とも言えると思います。

少しの差が実は大きな違いになっているケースを
ディテールの違いの説明を積み重ねて
全体を理解してもらうのは困難だからです。

逆に言えばいくらプレゼンや企画やコンセプトが良くても
アウトプットが駄目だったらダメなのですが。
私は端末が普及すれば家庭のリビングで普通に
雑誌やマンガをめくるようにipadを使って読むように
なるだろうと思いました。

お取引先のistyle社では会議の紙をなくすために
ipadを6台買ってみたそうです。
容易なネット接続やコンテンツの確保など、
当面のクリアすべき課題はありますが、
私たちにとっても新たなビジネスチャンスが産まれそうです。

新規事業担当者にとっての難しさは、その事業が新しいものであればあるほど、社内での理解者が少ないということにあります。

 

僕の場合もそうでしたが、場合によっては、新規事業を推進した役員ですら、理解を示さないという場面になってしまうことがあります。

 

したがって、新規事業担当者にとって最も必要なことは、がんばって説明を尽くして、社内の理解を得ることではありません。

 

新規事業担当者は藤田社長の言葉を借りれば、早くアウトプットを出すことが求められます。どんなにプレゼンの内容や企画のコンセプトが耳障りの良いものであったとしても、アウトプットが悪ければ、必ず誰かから叩かれてしまうからです。

 

例えば、こんなふうに・・・、

 

「結局、売上を上げているのは俺たちだよな」

「細かい説明はもういいよ。いったい、いつになったら結果を出してくれるんだ」

「がんばってくださいね。応援してますよ(どうせ、失敗するんだろうけど)」

 

でも、結果さえ出せば、この声がいっきに賞賛に変わります。まるで、あなたはスターになったような気分になります。

 

僕は最初、このような周囲の反応に対して「調子のいい奴らだ。こっちの苦労も知らないで・・・」と感じていましたが、こればかりは、どんなに嘆いたところで、変えることはできません。僕も彼らと同じ立場だったら、彼らと同じような反応を示していたかもしれません。

 

新規事業担当者に必要なことは、周囲の評価に惑わされない自己評価の軸を持つこと。成功に慢心しないこと。失敗から学ぶこと。そして、満足のいく結果が出るまで決してあきらめずに、行動を続けながら注意深く改善を繰り返すことです。

 

新規事業に取り組むと辛い場面、もう辞めたくなってしまうような場面はいくらでもあると思います。でも、これだけは忘れないでください。そのひとつひとつの体験は、起業家としての成功するための確固たる土台となっていることを。

 

多くの場合、企業内で出世することと、起業能力がつくことはイコールではありません。なぜなら、起業を成功させるには、営業力、商品力、マネジメント力などの総合力が求められるからです。その総合力は、部分的な仕事が優れていると認められて、出世することとはわけが違います。その証拠に、企業内で優秀と認められている人が、起業をして失敗をしてしまうことはよくある話です。

 

もし、あなたが今、新規事業に取り組む立場で仕事をしているのなら、それはチャンスです。

 

あなたは給料をもらいながら、起業能力を高めるための貴重な体験を積んでいるのです。

 

成功も失敗も貴重な体験です。特に、成功よりも失敗したときに、大きな教訓が得られるものです。

 

色々と大変なことも多いと思いますがぜひ、挑戦を楽しんでくださいね。

 

追伸

実は新規事業、起業を早く成功させるための方法があります。

それは、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実践することです(僕もこれを使いました)

↓↓↓

発表!大好評だった「DRM集客成功事例大全」の最新版が完成しました。

 

48c784de-rgd-hl1_0900cn08y0cl000000

・いくらの投資でいくらのリターンが得られたのか?その具体的な数字
・どんな目的・状況で実践したのか?

背景情報が赤裸々に分かる実践者インタビュー
・新規客の集客・売上アップに成功したすぐにパクって使える

チラシ、DM、ホームページなど、、、集客で成功した19の事例を丸裸にした

「DRM集客成功事例大全2015Vol.1」をあなたに無料でプレゼントしようと思うのですが…

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)