社長が絶対にやらなければならない仕事とは?

ダン・ケネディ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

「社長が絶対にやらなければならない仕事」

についてお話します。

もし、あなたが会社の社長だったら、
何の仕事を優先的にやりますか?

営業、商品開発、経理、総務・・・

など山ほどの仕事がありますが、
社長が絶対にやらなければいけない仕事は、

「マーケティング」

です。

これは、ダン・ケネディの最も基本的なアドバイスです。

なぜなら、あなたやあなたの会社にお金を払ってくれる
お客さんを獲得し、維持し続けることができなければ、
どんなに良い商品も、どんなに優秀な人材も全く意味の
ないものになってしまうからです。

ビジネスを行う以上、あなたは儲けなければなりません。

儲けることがあなたの最大の責任です。

よく、

「儲けることよりもお客さんに喜んでもらえればいい」

というように、儲けは二の次、あるいは儲けることが悪いこと
のように言う人がいますが、間違っています。

儲けることができるということは、お客さんに「価値」がきちん
と提供できているという証です。

裏を返せば、儲かっていないということは、お客さんに「価値」
を提供できていないということです。

「利益」というのは、あなたやあなたの会社がお客さんや社会から

「どれだけ必要とされているか」

を測る尺度です。

あなたの仕事はお客さんに「価値」を提供し、「利益」を確保することです。

「利益」を確保するためには、お客さんを獲得し、維持し続けなければなりません。

そのための仕事こそが、マーケティングなのです。

あなたが最も注力すべき仕事はマーケティングです。

その他の仕事はマーケティングが適切に行われて、
初めて、成り立つものなのです。

あなたは1日のうち、どれくらいの時間をマーケティングの仕事に使っていますか?

ぜひ1度、振り返ってみてください。

繰り返しになりますが、

あなたの仕事はマーケティングです。それ以外は二の次です。

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)