言葉を慎重に選ぼう

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。HIROです。

 

今回は「言葉を慎重に選ぶ」ということについて、お話します。

 

プロのセールスライターは、まるで女性が自分に似合ったハンドバッグを選ぶように、慎重に言葉を選んで使っています。

 

なぜかというと、適切な言葉を用いるか、不適切な言葉を用いるかで、セールスレターの中でも最も重要なヘッドライン(見出し)が効果的に機能するか、失敗に終わるかが決まってしまうからです。

 

一つのセールスレターの中の選び抜かれた言葉が、あなたやあなたのお客さんを金持ちにするのです。

 

その上、それらの言葉がエンジンとなって、何年もの間、あなたのビジネスを「利益を生む、確実なもの」として動かしてくれるようになります。

 

一つの優れた広告やセールスレターは、いつまでも時代遅れになることなく、あなたを支え続けてくれます。

 

そのような、より良い広告を作るのに少しばかり骨が折れたとしても、それは当然のことです。それだけのことをする価値があります。

 

この事実こそが、セールスライターの報酬が高い理由です。

 

セールスライターの仕事は、

 

「いい感じのパンフレットが欲しいから安く、早く、カッコ良くやってくれるいい業者いないかな?」

 

という種類の仕事ではありません。

 

セールスライターの仕事とは、

 

「なんとしてでも月々、売上が500万円欲しい。それを実現してくれるセールレターを書いてくれる人はいないかな?」

 

というニーズに応える仕事です。

 

求められている仕事のレベルと質が全く違うのです。

 

あなたがセールスライターとしてする仕事は、クライアントの人生を変えるほど、インパクトのあるものなのです。

 

このような考え方を持つだけで、自然と自分が選び、使う言葉に対する意識が変わってきます。

 

ぜひ、あなたも試してみて下さい。

 

追伸

 

セールスライティングの基本を学ぶならこの本が役立ちます。

↓↓↓

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック(著者:寺本隆裕)

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)