セールスライター耳を傾けるべき2人の批判者とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは他人からの批判に強い人ですか?

多くの人は、きっと、人から批判されると頭の中が真っ白になっかしまったり、恥ずかしくなったり、怒りが込み上げてきてしまうのではないでしょうか?

セールスライターとして仕事をしていると当然、自分の書いた記事やセールスレター(主に商品・サービスを販売するためのセールスページ=ランディングページと呼ばれることが多い)に対する批判を受けることが多くなります。

セールスライターとして実際に活動してみれば、すぐに分かりますが、あなたが書いた文章を評価する人が10人いたら、そのうちの9人は、

「こんな文章、非常識だ」

「正式な日本語としては間違っている」

などと理屈をこねて、あなたに批判を浴びせてくるでしょう。

しかし、そんな言葉に、決して屈してはなりません。

なぜなら、彼らの言葉は、あくまでも個人的意見に過ぎないからです。

セールスライターが耳を傾けるべき、2人の審判とは?

あなたが、あなたの書いた文章の成果を決めるうえで、本当に重要な判断をする審判は2人しかいません。

1人は自分自身であり、もう1人は、自分を支持したり時には見放したりする顧客やマーケットです。

それ以外の人の意見は、あくまでも自分自身の判断の材料にするべきであり、囚われる必要のないものです。

なぜなら、あなたはプロだからです。

プロとアマチュアを分ける差は、自分自身のアイディアや提案、成果物(セールスライターの場合は、セールスやブログ記事)に対して、責任を持てることです。

つまり、自分自身の考え方、知識・情報を総合して、自己決定を自ら下す姿勢や習慣こそが、あなたがプロのセールスライターとして歩みを進めるための成長のエンジンとなるのです。

プロのセールスライターが真摯に向き合うべき対象は、自分の商品・サービスを身銭を切って買ってくれる顧客であり、顧客になる可能性のある市場にいる見込み客です。

まとめ

常に、見込み客や顧客のことを思い、見込みや顧客と対話し、最適なタイミングで、最適な選択肢を提案していきましょう。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら