コンテンツ制作に必要な3つの心構えとは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今の時代、誰もに出版社のように、インターネットを使って、自分の持っている知識・情報をいとも簡単に公開できるようになりました。

誰もがみな、見込み客に影響を与え、教育し、彼らを楽しませ、助けるための大きな力を持っています。

しかし、同時に、彼らをとまどわせたり、イライラさせたり、ときには、目の前のせっかくの機会を完全に無駄にしてしまうこともあります。

つまり、企業にとっては、どのようなコンテンツを作り、公開していくかが、鍵となります。

コンテンツは、見込み客に敬意を払い、彼ら彼女らの役に立ち、楽しんでもらえ、刺激を与えるカタチで提供する必要があります。

つまり、“明快”で、“簡潔”で、“有益”でなければなりません。

明快なコンテンツとは?

明快なコンテンツとは、読者があなたの文章を理解するために、懸命に頭を働かせる必要がないようにすることです。

あなたは、あなたの読者に対して、病的なほどの共感を持つ必要があります。

つまり、読者の置かれている環境、そして感情に寄り添う心構えが必要です。

簡潔なコンテンツとは?

“簡潔”という言葉は、要点だけとか、必要最低限とかを意味するわけではありません。

あなたが、ストーリーを伝えるのに必要だと思うなら、長くなってもかまいません(コンテンツの長さは、製作するコンテンツの種類によって変わる)。

簡潔さとは、脂肪とたるみを取り除き、不必要なもの──書き手が自分だけ夢中になっている内容、読者の時間を尊重していないもの──をすべて省くということです。

つまり、余分なものを取り除いた引き締まった文章にする必要があります。

有益なコンテンツとは?

読者は自分にとって役立つ内容が含まれていないかぎり、あなたの書いたものを読もうとはしません。

つまり、有益なコンテンツとは、読者に読者にとって、本当に役立つコンテンツなのです。

まとめ

コンテンツを作るときは、まず共感から始めましょう。

そして、次に有益性に取り組む。

それから、分析結果を踏まえて改善する。

そして、最後に、愛情を込めて最適化する。

慣れないうちは、きついかもしれませんが、やっているうちに自然とできるようになりますので、最初は明快、簡潔、有益なコンテンツを作ることを意識して、取り組んでいきましょう。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、