セールスライター志望のあなたへのアドバイス

27707 / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

率直に伺います。

もし、あなたがセールスライターとして仕事をしている。もしくは、セールスライターを目指していて、思うように成果が出ていないのならぜひ、やって欲しいことがあります。

それは、セールスコピーを書くことです。

そして、一度書いて終わりではなく、たくさん書き続けて欲しいのです。

セールスライターの存在意義とは?

なぜなら、反応の高いセールスコピーを書くことこそが、セールスライターの最大の強みであり、存在意義だからです。

例えば、ホームページ集客ならセールスライターは、ホームページ制作業者には負けてしまいます。

それから、広告の運用代行ならセールスライターは、広告代理店に負けてしまいます。

そして、お客さんの商品・サービスについては、当然のことながらお客さんに負けてしまいます。

でも、反応率の高いセールスレターを書くことについては、セールスライターは誰よりも勝っていなければなりません。

そして、多くの人はあまり気づいていませんが、どんなに素晴らしいマーケティング戦略も反応率が高いセールスコピーがなければ実行することはできません。

セールコピーはマーケティング活動における酸素のようなものなのです。

反応率の高いセールスコピーについて、知識と経験がある人はほとんどいない

だからといって、怖がる必要はありません。

なぜなら、反応率の高いセールスコピーについて、知識と経験のある人はほとんどいないからです。

例えば、一つ目の人ばかりがいる国で、二つの目を持っていれば、それだけで有利なように、みんながセールスライティングについて分かっていなければ、あなたがちょっとの知識を持っているだけでも、大きな武器になるのです。

まとめ

サッカーが上手になりたければサッカーの練習をしたり、試合をしなければうまくならないように、反応率の高いセールスコピーを書くためには当然のことながら、セールスコピーを書かなければなりません。

今、あなたにセールスライターとしての仕事がなくても自分で練習することは、できるはずです。

また、無料でお客さんの商品・サービスのセールスコピーを書かせてもらえるようにお願いすることもできるはずです。

セールスライターは自分の知識・経験、スキルがそのままお金に変わる仕事です。

だからこそ、最初のうちはある程度、仕事を選り好みせずに次々とこなしていく必要があるのです。

繰り返しになりますが、セールスコピーこそ、セールスライターの最大の武器です。

そのための腕を磨くために毎日、セールスコピーを書く習慣を身につけましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!