セールスライターの武器:BFDフォーミュラの活用方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

相手に伝えたいメッセージを訴求するには、相手の「コア・コンプレックス」を理解しなければなりません。

「コア・コンプレックス」とは、相手を行動に駆り立てる「信念」、「感情」、「欲望」のことです。これらを総称して、「BFDフォーミュラ」と呼ばれています。

それぞれの意味について解説します。

Beliefs(信念)

相手が信じていることは何か?

その信念は、あなたの商品・サービスが解決しようとしている問題や課題への態度にどのように影響するのか?

Feelings(感情)

相手は今、何をどんなふうに感じているのか?

彼らは何に希望を抱き、何を恐れ、何に不満を感じ、自分の仕事と人生をどのように思っているのか?

Desires(欲望)

相手は何を求めているのか?彼らは、あなたの商品・サービスは、その願望の実現をどのようにサポートできるのか?

セールスレターを書く前に、あなたが相手とする市場を構成する人々のBFDを具体的に書き出してみましょう。

例えば、あなたが車を売っている場合であれば同じ車でも、相手のBFDが変われば、訴求ポイントも大きく変わってくるのです。

もし、僕が車を買うなら、安全で行きたいところに確実に行ける信頼性の高い輸送手段を買います。デザインがかっこいいとか、そういうものは二の次です。したがって、中古の車でも、僕の基準を満たしていれば十分に満足することができます。

でも、ベンツやポルシェを買う人だったら違うかもしれません。彼らは、単なる輸送手段以上のものを買っています。それは、プライドだったらステイタスだったりするのです。

まとめ

相手のことを理解するということは、単に相手の名前や住所、年齢、就いている仕事や家族のことを理解するということではありません。

相手のことを本当の意味で理解するということは、相手の信念、感情、欲望といった目に見えない部分も含めて、まるごと理解するということなのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!