売れる商品をつくる方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

今回は、

売れる商品をつくる方法

についてお話したいと思います。

あなたは、

「売れる商品を作れる人」

というのは、どのような人を想像しますか?

スティーブ・ジョブスのような人ですか?

売れる商品をつくれる人という聞くと、新しいアイディアを生み出すことのできる創造力溢れる人を想像しますが実は、そうではありません。

もちろん、創造力は大切ですがアイディアを最終的な「確実に売れる商品」に仕上げられるのは

「市場と対話して、試行錯誤の積み重ねができる人」

です。

つまり、

1、社会・市場・顧客を観察する

2、ニーズを感じる・気づく

3、市場・顧客に商品を提供する

4、失敗する

5、改善する

このサイクルを繰り返して、早く回せる人こそが「確実に売れる商品」を創り上げることができます。

これはビジネス全体の構築でも同じことです。

僕たちは、どうしても失敗をすると落ち込んでしまい、行動が止まってしまいますが、確実に売れる商品づくりは「失敗」から始まるのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

前の記事商品開発の注意点
次の記事商品開発のゴールとは?
HIRO(ヒロ)
こんにちは。僕の名前はHIROと申します。 僕は今、東京のインターネットマーケティング専門の会社で、営業担当者として働くサラリーマンです。 日々、様々な会社の集客担当者に向けて、リスティング広告(クリック課金型広告)を中心に、マーケティングの支援を行っています。 一方で、個人的には、セールスライターとして中小企業、個人事業主のために集客ブログを作成し、その集客ブログを土台として、そこに価値あるコンテンツ記事を書いたり、セールスレターを書く仕事をしています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)