優れたセールスライティングは(今も昔も)変わらない!

今回は、僕がいつも学ばせてもらっているダン・ケネディのこの言葉を紹介します。 優れたセールスライティングは(今も昔も)変わりません。顧客に語りかけるように書くのです。彼らが主役になるストーリーを伝えましょう。内容が退屈で顧客に無関係でない限り、スプリットテストをすると10の...

警告!メディア(媒体)に広告を出す前に、絶対にこれをやってください。

マーケティングを成功させる秘訣は何でしょうか?それは、適切なメッセージを適切なマーケット(ターゲット)に対して、適切なメディアで伝えることにあります。メッセージとマーケット、そしてメディア。どれが欠けてもダメです。この3つがピッタリと合致することで、あなたのマーケティングを成功させることができるのです。

セールスコピーの説得力を高める方法:様々な人物を登場させる

セールスコピーの説得力を高める方法の一つとして、話し手を変えるという手法があります。たとえば、女性が投資で成功したストーリーをセールスコピーに入れるなら......こんなふうに、 ヘッドライン(見出し)に合ったストーリーを彼女自身が語ります。

相手の頭の中に動画をインストールする方法

あなたは普段、You Tube動画を見ますか?僕は結構、ミュージックビデオを中心に日常的に見ています。動画は文字情報に比べて、見ていて疲れないし、たくさんの情報が入ってくるので、いいですよね?さて、今回の記事は動画を見せるという話ではなく、文章を書くことで、あたかも読み手の頭の中に動画が浮かび上がるような書き方のコツについて、紹介したいと思います。

正しい文章よりも「相手の頭の中にある言葉」を書こう!

セールスライターとしてお客さんと仕事をしていると、こちらが提出した文章に対して、チェックが入ることがあります。その時、プロのセールスライターとして、注意してほしいことがあります。誤字・脱字に対しては、すぐに修正をすればいいのですが、難しいのは「文章の勢い」や「感情」が削がれてしまうような修正依頼です。

やめられない、止まらない文章を書こう!

人はいつでも読むのをやめるタイミングを伺っているのです。だから、セールスライターは常に、セールスレターでもブログ記事でも何でも、何かのコピーを書くのなら「まず読んでもらうこと」と同じくらい、「読み続けてもらうこと」を気を配らなければなりません。

1分で見出し(キャッチコピー)の効果を高める「4Uの原則」とは?

想像してみて下さい。あなたが広告を見る時、どれぐらいの時間、注目して広告を見るでしょうか?恐らく、その広告を読むか読まないかは数秒、一瞬で判断しているのではないでしょうか?そうです。僕たち消費者は見出し(キャッチコピー)を見て、常に一瞬で、自分に関係あるかどうか、興味があるかどうかを判断しているのです。

広告は第一印象(ヘッドライン)がすべて

「人は見た目が9割」何事においても見た目や第一印象は大事ですよね?それは、広告においても同じことです。あなたは新聞を読みますか?最近では、インターネットでニュースを読む人も増えていると思いますが、数あるニュースの中で、どんなニュースがあなたの心を捉えるでしょうか?それは、見出し(ヘッドライン)=第一印象ですよね?

「インターネット」は「セールスライティング」をどのように変えたのか?

「インターネット」は「セールスライティング」をどのように変えたのか?今回は「インターネット」と「セールスライティング」の関係性について、考えていきたいと思います。この記事を読むことによってあなたは、インターネットの特性を理解した上で、セールスライティングを活用し、ビジネスを大きくしていく方法を学ぶことができます。また、「インターネットを活用しているのに、全く集客できない原因」についてもヒントを得ることができるでしょう。

「Eメールマーケティング」と「セールスライティング」で10倍集客する方法

インターネットマーケティングと聞いて、あなたはどんな活動を思い浮かべることができますか?「・・・・」多くの人は具体的に、何をどうすればいいのか想像することはできませんよね?そこで、今回は超シンプルですが、インターネットマーケティングのシンプルな成功方程式を紹介したいと思います。

なぜ、インターネット集客には「セールスライティング」が欠かせないのか?

今、私たちの日々の仕事や生活には、インターネットは欠かせないものになっています。もう、インターネットがない時代が想像できないくらいに、私たちの生活にはインターネットが浸透していますよね?何かを調べたい時にGoogleやYahoo!などの検索エンジンに「知りたいことに関するキーワード」を打ち込めば、すぐに求める答えに関する情報コンテンツが表示されます。もうこんな生活が当たり前になっていますが、考えてみたらこれは凄いことですよね?ひと昔前は、インターネットなんてなかったんですから。

「コピーライティング」と「セールスライティング」の違いとは?

今、世の中に出回っている多くの大企業の広告の大半はブランドを印象づけるためのイメージ広告です。