同僚の批判や忠告を聞いてはならない「2つの理由」とは?

批判を忠告を聞くべき相手は、あなたのことを真剣に考えてくれる人です。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

副業でセールスライターとして活動しているとたまに、同僚から批判されたり、妬まれたり、馬鹿にされたりすることがあります(僕もしょっちゅうで、たまにうんざりしますけどね)

でも、絶対に気にしないでください。怒るだけ時間の無駄ですし、何の生産性もありません。

理由は2つあります。

1つ目の理由は、同僚はあなたにお金を払ってくれる人ではないからです。

同じ仕事をしているので、それは当然ですね。そんな人の意見や忠告(大抵の場合、やっかみや暇つぶしで言っていることが多いです)を素直に聞いたことで、あなたが豊かになる保証は何もありません。

2つ目の理由は、彼ら彼女らは、何にでも批判をしたがるからです。朝ごはんを食べるように、彼ら彼女らはそれが習慣になっているのです。

特に、起業家ではなくサラリーマンとして働いている人は、全責任を負って仕事をしていません。

もちろん、サラリーマンとしての立場で働いている人も、会社全体のことを考えて、責任感を持っている人もいることは知っていますが、大多数の人はそこまで考えて仕事をしていません。

だから、誰々の能力は高いだとか、誰と誰とが付き合っているとか、どうでもいい社内ゴシップに花を咲かせる暇があるのです。

いずれにしても、事業に全責任を負って、必死で仕事をしている起業家、それから、志を高くして必死で働いている一部のサラリーマンは、そんなことをしている暇なんてないはずです。

だから、僕は次第に、同僚の批判や忠告を素直に聞いても、自分自身が成長すること、そして、豊かになることにつながらないことを悟りました。

もちろん、一人の人間として、一人のビジネスパーソンとして、他人から学び続けることは必要不可欠なことです。

でも、「誰から学ぶか」ということが大事なのです。

批判を忠告を聞くべき相手は、あなたのことを真剣に考えてくれる人。

例えば、家族や友人。それから、夢や目標を実際に口に出すだけでなく、それを現実のものに変えようと必死で努力をしている人です。

そうした人の言葉には、何らかの真実が含まれていますので、素直に聞くべきです。

だから、同僚に批判をされても、忠告をされても、そんなことをいちいち気にする必要はありません。

仲間外れにされたっていいじゃないですか。

あなたが本来、いるべき場所は、無責任に人の悪口を言って自分を高く見せるような人間が集まっている場所ではありません。

あなたがいるべき場所は、自分の発言や行動に責任を持っていて、毎日を必死で生きている人たちが集まる場所なのです。

あなたが目指しているのは、彼ら彼女らよりももっともっと高い場所にあるはずです。

気にせずに前に進んでいきましょう。

たった1度のあなたの人生なんですから。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!