3dman_eu / Pixabay

今回は、「凡人セールスライター」と「天才セールスライター」とを分けるものについて、解説していきたいと思います。

結論から言うと、「凡人セールスライター」と「天才セールスライター」とを分けるものは、あなたがターゲットとする見込み客や顧客のことを十分に理解できるか否かにかかっています。

あなたのビジネスにおける重要人物に焦点を絞ろう

ダイレクト・レスポンス・マーケティング、それから、セールスライティングの世界では、見込み客や顧客以上に重要な人物はいません。

あなたの商品・サービスによって、その人がより裕福に、より賢く、あるいはよりセクシーになれることが証明できれば、あなたの商品・サービスを買ってもらえます。

そして、あなたが、その人の気持ちや考えや欲求を考慮し続ければ、その人は忠実な顧客となってくれるでしょう。

しかし、期待を裏切ったり、侮辱したりすれば、あなたのセールスコピーは即ゴミ箱行きになってしまうことでしょう。

このように、見込み客や顧客の持つ力は絶大です(彼ら、彼女らがそのことを意識しているか、いないかは分かりませんが・・・)

結果的に、 顧客や見込み客は、あなたの収入やキャリアの成功度を決めるばかりか、あなたがこの業界で「天才」と見なされるか、「ただのセールスライター」と見なされるかを決める存在なのです。

どうやって、見込み客や顧客のことを知ればいいのか?

ですが、実は、ここが一番難しいところなんです。

その肝心の見込み客像が、皆目見当もつかないことがあるのです。

そんな時は、実際にあなたの商品やサービスを買ってくれそうな人に直接会って話を聞くようにしましょう。

セールスライターの仕事は、印刷された営業担当者を作ることなので、人に会わなくても仕事を完結させることができます。

でも、見込み客が顧客が今、何を痛みとして感じているのか?

または今、どんな切実な願いを持っているかを知るにはやはり、彼ら彼女らと直接会って話をすることが一番早くて、確実な方法になります。

まとめ

「凡人セールスライター」と「天才セールスライター」を決めるのは、あなたの見込み客と顧客です。

彼ら彼女らの抱える「痛み」、それから、言葉には出さないかもしれないけど、心から願っている「願望」を深いレベルで知ることに情熱を注いで、それを解決するための手段として、あなたの商品・サービスを位置付けて、提案していきましょう。

おすすめの記事