セールスレターやブログ記事は、まったく白紙の状態から書いてはいけません!

プロのセールスライターは、リサーチによって書く素材を仕入れて、それから、スワイプ・ファイル(過去の効果が実証されてセールスレターの型)を見て、その中から目的のものを見つけて、はじめてライティング作業をするのです。

1681551 / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスレターやブログ記事を素早く、しかも、そこそこのものを書きたければ、絶対に忘れてはならないことがあります。

それは、全くの白紙からセールスレターやブログ記事を書いてはならないということです。

まったく白紙の状態から書くというのは一番遅い方法です。それよりも遅く書く方法は僕の知る限りありません。

だから、まずスタート点、手がかりを見つけなければなりません。

プロのセールスライターは、リサーチによって書く素材を仕入れて、それから、スワイプ・ファイル(過去の効果が実証されてセールスレターの型)を見て、その中から目的のものを見つけて、はじめてライティング作業をするのです。

セールスレターやブログ記事を書く前に、1時間かけてこういうものを集めると、セールスレターやブログ記事を書く時間が5、6時間節約できます。

だから、いきなり、何の手がかりもない状態からセールスレターやブログ記事を書き始めてはいけないのです。

どんな仕事を行うにしても予習、準備、計画・・・言葉はなんであれ、「事前にやるべきこと」をやるかやらないかによって、その後の作業の効率は驚くほど変わるものなのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら