一瞬で、セールスレターの価値を2倍以上にする方法

Free-Photos / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

セールスレターは商品・サービスを販売する目的で書くものですよね?

でも、一方で「人は売り込まれるのは嫌いだが、自分が納得して買うのは好き」という不変の真理も存在します。

ですので、セールスレターを書く時は「いかにも売り込み」という体裁で書くことは避けなければなりません。

なぜなら、「売り込み」に見えるセールスレターは、あなたがどんなに一生懸命になって書いたとしても、見込み客に拒否されてしまうからです。

では、どうすれば、抵抗感なく自然に、見込み客にあなたのセールスレターを読んでもらうことができるのでしょうか?

セールスレターの表紙に、レポートのような表紙をつけよう

そのテクニックの1つとして、セールスレターの表紙にレポートのような表紙をつけることで、あなたのセールスレターが「売り込み」ではなく「価値あるレポート」であると見込み客に思ってもらうことができます。

「そんなことをしたら詐欺じゃないか」

もしかしたら、あなたはそう思うかもしれませんが、そんなことはありません。

セールスレターを読むことそのものが、見込み客にとって価値があるようにすること

なぜなら、セールスレターそのものを読むことこそが、見込み客にとって価値ある体験となるからです。

たとえ、見込み客があなたのセールスレターを読んで、商品・サービスを買わなかったとしても、見込み客の中で何かが変わったのなら、あなたのセールスレターは見込み客にとって価値ある読み物となるのです。

それが「セールスレター」と呼ばれようが「無料レポート」と呼ばれようが、その価値は変わることはありません。

したがって、セールスレターであろうが1通のブログ記事であろうが、またはメルマガであろうが、あなたは常に見込み客にとって役立つ知識・情報を発信し続ける必要があるのです。

そして、その知識・情報は最終的に、あなたの商品・サービスを購入することにつながっていなければならないのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!