【ヘッドラインの研究】支払いを踏み倒す客のせいであなたはどれほどの損をしていますか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディアです。

つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要な要素」なんです。

ヘッドラインが変わっただけで反応率が2倍、3倍も変わることも珍しくありません。ですので、ヘッドラインを深く研究することには意味がありますよね?

今回は、このヘッドラインを研究していきたいと思います。

今回のヘッドラインはこれ!

「支払いを踏み倒す客のせいであなたはどれほどの損をしていますか? 」

<ヘッドラインの解説>

このヘッドラインのターゲットは飲食店のオーナーでしょうか?

または、売掛金の回収ができないビジネスオーナーでしょうか?

このヘッドラインのビッグアイディアはどこか?

このヘッドラインのビッグアイディアは「支払いを踏み倒す憎き客から金をさっさと回収すること」にあります。

僕にも経験がありますが、支払いが遅れたり、支払いを踏み倒そうとする客は許せないですよね?

このヘッドラインが訴求している感情は何か?

このヘッドラインを読んでいると、ビジネスオーナーやセールスパーソンの憎き相手である「支払いを踏み倒す客」を共通の敵に仕立て上げて、「一緒に頭に来る奴らから金を回収しようぜ!」という情景が浮かんで来ます。

つまり、このヘッドラインはターゲットの「怒り」に訴えかけています。

人間の「怒り」は人間の感情の中でも非常に強力な感情なので、人を大きく動かすことができます(扱い方は注意が必要ですが)

また、人を動かす感情は「ポジティブな感情」よりも「ネガティブな感情」の方が強いと言われています。

例えば、「彼氏・彼女とデートに行くことを想像している時」と「彼氏・彼女から振られてしまうことを想像している時」、あなたはどちらの方が居ても立ってもいられなくなる気持ちになりますか?

多くの人は「彼氏・彼女から振られてしまうことを想像している時」ではないでしょうか?

このように、ヘッドラインを分析する時は「ビッグアイディアは何か?」「訴えかけている感情は何か?」に注目して、見込み客の気持ちになって感じていきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!