コピーでは「情報」を伝えるのではなく「感情」を伝えよう!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

文章を書くとなると多くの人は、大学のレポートのような文章を書いてしまいがちです。

例えば、こんなふうに・・・、

  • 私たちはこのグローバル社会において、価値のあるコンテンツを・・・
  • 地域社会と連携して、イノベーションを生み出します・・・
  • 21世紀社会の中で、私たちは顧客第一主義を貫き・・・

はっきり言いますね。

こんな文章、誰も読みたいと思いません。

僕はこんな文章を読むたびに、「カッコつけんな!」と思ってしまいます。

もし、あなたが人の共感を生み出し、人を動かすような文章を聞きたいと本気で思っているなら、今すぐにカッコつけるのをやめてください。

なぜなら、人を動かす文章とは「情報」を伝えるものではなく「感情」を伝えるものだからです。

感情を伝えるためには、堅苦しい言い方は禁物です。

例えば、あなたの大好きな人からこう言われたら、あなたはどう感じますか?

  1. 「あなたの良いところは3つあります」
  2. 「なんだか、あなたのことが好きなんだ。正直、この気持ちは言葉にすることが難しいんだけど・・・」

あなたはどちらの人の話をもっと聞きたいと思いますか?

断然、2ですよね。

1の言葉なんて、上から目線もいいところです。

人はまず、はじめに感情で動き、後で理屈で正当化する生き物です。

だからこそ、文章では「情報」を必要以上に整理して、論理的に突き詰めようとするのではなく、人の根源的な心理に訴えかけるような「感情」を言葉にして伝えるようにしましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)