なぜ、稼ぎ続けるセールスライターには、優秀なコーチが付いているのか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

あなたは稼ぎ続けているセールスライターには必ずと言っていいほど、優秀なコーチが付いていることを知っていましたか?

最近、「セールスライターの教科書」の読者から、こんな質問をいただきましたので、お答えしたいと思います。

読者からの質問

稼いでいるセールスライターにはあって、稼いでいないセールスライターにないものは何でしょうか?たくさんあると思いますが、影響が一番大きいことを教えて下さい。

回答

一番大きな違いを生み出す要素はコーチをつけているか、いないかということにあります。

僕の知ってる限り、最前線で活躍していて、凄い額を稼ぎ続けているセールスライターの中でコーチをつけていない人はゼロなんじゃないかというぐらい、みんなコーチをつけています。

セールスライター自ら「自分にはコーチがいます」なんて、わざわざ言う必要はありませんので、なかなか公にはなりませんが、稼ぎ続けているセールスライターには必ず、いつでも相談できるコーチの存在があります。

逆に、あまりパッとしないセールスライターは、何でも自分一人で解決しようとする傾向にあります。つまり、自分一人ですべてを抱えてしまうんです。

セールスライターにとってのコーチとは?

彼ら彼女らにとってのコーチとは例えば、

・自分の書いたセールスレターを客観的にチェックしてもらえる

・自分のビジネスの課題について、定期的に相談できる

・自分自身の悩みなどのことについて、定期的に相談できる

そんなことをしてくれる人たちです。

なぜ、コーチをつけるのか?

なぜ、稼ぎ続けているセールスライターたちが、わざわざコーチをつけるのかというと「人は自分だけでは自分自身のことを客観的に把握することができない」からです。

あなたは「ジョハリの窓」という話を聞いたことがありますか?

「ジョハリの窓」とは簡単に言えば、人には以下の「4つの心の窓」があるという「人に対する見方、考え方」のことです。

ジョハリの窓

情報源:wikipedia

1.開放の窓

「開放の窓」とは、自分にも他人にも分かっている自分のことです。

例えば、あなたが几帳面な性格であれば、その几帳面さをあなたも他人も知ってる状態です。

2,盲点の窓

「盲点の窓」とは、自分では気がついていないけれども実は、他人からは気づかれている自分のことです。

例えば、あなたは自分では自分のことを「親切な性格」だと思っていても、他人から見れば「自分勝手」な性格だと思われている状態です。

3.秘密の窓

「秘密の窓」とは、自分は知ってるけれど、他人に隠している自分のことです。

例えば、自分は人前に出ると極度に緊張してしまう性格だが、そのことを隠している状態です。

4.未知の窓

「未知の窓」とは、自分も他人も知らない自分のことです。

例えば、自分も他人もあなたが人前でしゃべるのが苦手だと思っていたのに、なぜか上手にしゃべれてしまった瞬間は「未知の窓」が開かれた瞬間であると言えます。

セールスライターとしての成長には、知識と経験を持つコーチの存在が欠かせない

セールスライターとして能力を上げ、成長するためには他者からの助言は欠かせません。

なぜなら、一生懸命に書いたセールスレターの改善点は知識と経験を持つ他のセールスライターからのフィードバックを受けることによって、さらに磨きをかけることができるからです。

どんなに凄いトップのセールスライターでも、何か新しいセールスプロモーションをやるときは自分の信頼する人にコーチをお願いして、仕事に挑んでいるのです。

野球でもサッカーでもゴルフでも、水泳でも格闘技でも、あらゆる世界のトップ選手の側には必ず優秀なコーチがいるように、セールスライターとして能力を上げていくためには優秀なコーチをつけることが必要不可欠なのです。

まとめ

悲しいかな、「自分に甘く、他人に厳しい」ことが、私たち人間の習性であり本能です。

だからこそ、プロとして高い成果を出し続けることに真剣なセールスライターは、まだまだ駆け出しの頃からでも、自分にコーチをつけることに投資をするのです。

でも、こうは言っても実際にコーチをつける決断ができる人は10人いれば、1人がいいところです。

僕の観察によれば、まだまだ実力もない、お金もない、セールスライターとして駆け出しの頃に、これができるかできないかで、成長スピードも最終的に到達できる地点も変わってくると確信しています。

信じるか信じないかはあなた次第です。

コーチをつけた最近の頃、すぐには実感できないかもしれませんが、ある時をきっかけに、大きく成長を実感できる瞬間が必ずやってくるでしょう。

ぜひ、なんでも頭で判断せずに、実際に自らの行動として確かめてみて下さい。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!