波を起こし続けよう!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。ヒロです。

今回は、

「インプットとアウトプット」

についてお話します。

あなた1日の中で、情報をインプットすることと、情報をアウトプットすること。どちらを多く行っているでしょうか?

圧倒的にインプットすることの方が多いと思います。

たとえば、あなたは1日の中でたいてい、テテレビをみたり、新聞や雑誌をみたり、インターネットで何かを検索したりしますよね。

では、 アウトプットはどうでしょうか?

ブログを書いたり、ツイッターでつぶやいたり、facebookに投稿したり、あなたはどれくらいのアウトプットをしていますか?

あなたは稼ぐ人のほとんどが、アウトプットが多いことを知っているでしょうか?

つまり、稼ぐ人というのは情報を消費するよりも生産することの方が多いのです。

言い方を変えれば、与えられるより、与えることの方が多いのです。

当然、与えることの方が多ければ、それだけ周囲に対して価値を与えられる確率が高まるので、それに伴って稼げる確率も高まります。

もしかしたら、あなたは、

「自分は情報発信が苦手で、人に与えられるものなんかないよ・・・」

と思うかもしれませんが、残念ながらそのような人にビジネスを行う資格はありません。

なぜなら、ビジネスとは誰かの悩み、問題、痛みを取り除くか、誰かの願望を満たすことで成り立っています。

つまり、あなたは誰かの役に立たなくてはならないのです。

当然、何かをしなければ、誰かの役に立つことはできません。

その何かとは、情報発信し続けることです。

最初は下手でもやり続けていれば、必ず上達します。

世界を認識する最高の方法とは、世界についての情報をインプットしようとすることではなく、自らの意思を形にするための行動を起こすことです。

あなたが動けば、世界に小さな波が立ちます。それはとても小さなものかもしれませんが、波を起こし続けている限りチャンスはあります。

インプットも大事ですが、それ以上にアウトプットを出して行きましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)