セールスライターとして大成功したければ、常にUSPを探し回れ!

Pexels / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

もし、あなたがセールスライターとして本気で成功したいと思うのなら、単にお客さんの満足するようなセールスページを作るとか、販促用のパンフレットなどを作るため支援をすることで、満足していけません。

なぜなら、そうしたら仕事の一つ一つはもちろん、自分のスキルを高め、お客さんの役に立つ大切な仕事であることは変わりませんが、お客さんのビジネスが大成功するほどのインパクトをもたらすまでには至りません。

あなたがセールスライターとして高額の報酬をもらって大成功したいと本気で思うのなら、せっかくあなたと縁あって信用して仕事を任せてくれたお客さんに対して、大成功につながるような提案をする必要があります。

だって、お客さんのマーケティングが成功すれば必然的に、あなたへの評価も高まり、あなたの報酬も増えることになるのですから。

USPを発見して、それをセールスレターで表現しよう

もし、あなたがお客さんからセールスレターを書く仕事を任されているのなら、それはお客さんを大成功させるチャンスです。

なぜなら、あなたはお客さん以上に、お客さんが付き合いたい見込み客のこと。お客さんの商品・サービス。そして、お客さんがビジネスをしている業界のことや競合他社のことを知ることになるからです。

具体的に、セールスレターを書く前のリサーチの作業をしていると様々な発見をすることができます。

そして、その作業を続けているとお客さんのビジネスのユニーク・セリング・プロポジション、つまりUSPを発見することがあります。

USPとは何か?

USPとは、あるビジネスをすべてのライバルから際立たせるような、思わず見込み客が引き込まれるようなメッセージのことです。

USPで有名はものはドミノ・ピザです。

ドミノ・ピザの物語を簡単に紹介します。

昔、二人の兄弟が小さなビジネスで大学を稼ぐことにしました。はじめのうちは学費を稼げるどころか、赤字が出てしまうぐらい全くうまくいきませんでした。

そして、ひとりはこのビジネスから手を引いてしまいました。残された方はやがて、USPを思いつき、大富豪となってその業界に大革命を起こしたのです。

そのUSPがこれです。

「焼きたてアツアツのピザを30分以内にお届けします。遅れたら代金はいただきません」

この魅了的な約束を表現した一言によって、ドミノ・ピザは多くの見込み客にとって他のピザ屋さんとは比べものにならないくらい特別な存在になったのです。

このドミノ・ピザの創業者であるトム・モナハンはこのたった一つのUSPを思いつき、それを徹底的に実践することで、大富豪にまでのし上がったのです。

USPの威力をあなどってはいけない

これこそが、本物のUSPの威力です。

簡単ではないと思いますが、あなたやあなたのお客さんの商品・サービス、ビジネスにおける強力なUSPを発見し、それをカタチにすることは、ビジネスを短期間で想像できないレベルにまで押し上げるほどの破壊力があるのです。

だからこそ、常に見込み客の「悩み」や「願望」に向かい合い、そして、その解決策としての商品・サービスをどこまでも深く掘り下げているセールスライターこそが、誰も気づくことができなかったUSPを発見できる可能性があるのです。

USPは、常に意識をしていなければ発見することができません。

自分自身のセールスレターを書くときでも、お客さんのセールスレターを書くときでも、それをただ単純な作業として行うのではなく、あたかも宝物を探すかのように意識を研ぎ澄まして、USPを発見する姿勢を持って仕事をしていきましょう。

そのわずかな意識と行動の違いこそが、あなたのお客さんとあなた自身に、大きなチャンスを掴むヒントを与えてくれる確率を高めていくのですから。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら