もし、優れたセールスレターを書きたいのであれば、この「5つの要素」を絶対に忘れないでください。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

優れたセールスレターを書きたいですか?

それならば、この「5つの要素」を覚えて、絶対に忘れないように、何度も見返すことができるようにメモをするようにしてください。

この「5つの要素」は、セールスレターを書くことが慣れている人も、不慣れな人にも、どんな人も避けては通ることができないほど、重要な要素になります。

それでは、1つ1つ紹介していきたいと思います。

1.これから売り込もうとする商品・サービスを理解すること

まずは、何よりも、あなたが、これから売り込もうとする商品・サービスのことを深く理解することが不可欠です。

これは考えてみれば当たり前。基本中の基本なのですが、僕が一緒に仕事をしている「プロを自認する人たち」のやっていることを見ていると、おろそかにしている人が多いように思います。

セールスライティングに関する知識は豊富。でも、彼らの書くセールスレターは見込み客の心には届きません。

ちょっとキツイ言い方ですが、彼らは自分の知識・スキルばかりに夢中で、肝心の目の前の商品・サービスに真剣に向かい合うことを面倒臭がって、誤魔化しているのです。

このことは基本中の基本でありながら、多くの人がおろそかにしてしまうのは「自分はプロだ」という驕りや慢心の気持ちが生まれてしまうからです。

無知は知識をつけることによって。

スキル不足は経験をつけることによって、克服することができます。

でも、驕りや慢心は、謙虚さを身につけなければ、いつまでたっても気づくことができませんので、十分な注意が必要です。

2.見込み客のことを理解すること

商品・サービスのことを深く理解したら、次にやるべきことは、商品・サービスを届ける相手、つまり、見込み客のことを理解することが必要です。

見込み客の年齢、性別、住んでいる地域はもちろん、彼ら彼女らの価値観、好み、願望、恐れなど、彼ら彼女らも自身も意識していないような感情を理解し、全て把握していきましょう。

見込み客のことを深く知れば知るほど、あなたの書くセールスレターの成功率は高まっていきます。

さて、おそらく、

1.これから売り込もうとする商品・サービスを理解すること

2.見込み客のことを理解すること

の2つが、反応率が上がるセールスレターを書くために、優先度の高い要素です。

なぜなら、プロのセールスライターとして、あなたが結びつけようとしているものはまさに、この2つの要素。すなわち、「商品・サービス」と「見込み客」だからです。

これから、売ろうとするものが、あなたが説得しようとする人々(見込み客)にとって、どれだけの価値や意味があるかを明らかにしたければ、この両方について、時間が許す限り、そして、可能な限り、知る努力をしなければなりません。

それができてはじめて、見込み客にアピールするのに最も適した商品・サービスのメリット、あるいは商品・サービスのメリットの組み合わせを発見することができるのです。

3.オファー(提案)、もしくはインセンティブ(行動を促す動機)を提供すること

3つ目に不可欠な要素は、オファー(提案)、もしくはインセンティブ(行動を促す動機)を提供することです。

なぜなら、セールスレターの読み手の立場からすれば、目の前にいない知らない誰か(あなた)の言うことに応じる義理も義務もないからです。

だからこそ、あなたは読み手にとって魅力的なオファー(提案)、もしくはインセンティブ(行動を促す動機)を自ら積極的に提供し、読み手の注意を惹きつける必要があるのです。

4.セールスライティングのテクニック

4番目にくるのが、セールスライティングのテクニックです。

セールスライティングのテクニックとは、読み手を納得させることのできる文章の組み立て方、分かりやすい文章の書き方、そして、文章のレイアウト方法などのことです。

5.セールスライティングのセンス

そして、最後に来るものが、反応率の高いセールスレターを書くためのセンスです。

このセンスは、ほとんどの人が最も重要だと考えがちな要素なのですが、この要素は、優れたセールスレターを書くために必要不可欠な要素としては、最も重要度が低くなります。

まとめ

お気づきでしょうか?

実は、優れたセールスレターを書くために「不可欠な5つの要素」のうち最初の3つ、

1.これから売り込もうとする商品・サービスを理解すること

2.見込み客のことを理解すること

3.オファー(提案)、もしくはインセンティブ(行動を促す動機)を提供すること

は「文章を書くこと」とほとんど関係がないということに、、、。

4つ目になってやっと、文章を書くことについて、出てくるのです。

つまり、優れたセールスレターを書くために必要不可欠なことのほとんどは、前持って調べることができること、考えること、そして、計画することから生まれるのです。

よって、優れたセールスレターを書くことは、誰にでもできることであり、豊富な経験を積んだセールスライターであっても、この「不可欠な5つの要素」をおろそかにしてしまえば、たちまち、失敗してしまうほど、重要なことなのです。

何事も基本的なことは地味で骨の折れる作業ですが、成功と失敗は、その地道で骨の折れる作業をどこまで徹底できるかにかかっているのです。

どうか、面倒臭がらずに商品・サービス、そして、見込み客に興味を持って、深く理解していきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら