セールスライター必見!見出し(キャッチコピー)の「4つの機能」とは?

見出し(キャッチコピー)の成否が、広告全体の成否を決める

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは見出し(キャッチコピー)を書く時、どれくらいの時間をかけますか?

もし、あまり時間をかけずに見出し(キャッチコピー)を適当に考えているのなら、とてももったいないことをしているかもしれません。

なぜなら、見出し(キャッチコピー)はセールスレターのパーツの中で最も重要な部分だからです。

そして、見出し(キャッチコピー)で失敗してしまったら、あなたが一生懸命になって、時間と労力をかけた見出し(キャッチコピー)以外の部分を読んでもらえなくなってしまうからです。

見出し(キャッチコピー)で手を抜いてしまったがために、あなたのせっかくの努力を水の泡にしないためにぜひ、この記事を参考にしてください。

見出し(キャッチコピー)の4つの役割とは?

見出し(キャッチコピー)には、4つの役割があります。

それは、

  1. 読者の興味・関心を引きつける
  2. 対象者を選別する
  3. メッセージを完璧に伝える
  4. 読者をセールスコピー本文に誘導する

です。

1.読者の興味・関心を引きつける

まず、自分のメッセージを伝えるためには、読者の興味・関心を集めることが重要です。

なぜなら、それに失敗してしまえば、そもそもセールスレター本文が読まれることはないのですから。

年齢30代からの基礎化粧品「500セット限定無料お試しサンプル」

これは化粧品メーカーのコピーですが、「無料お試し」という言葉で読者の関心を集めています。

最高に幸せな大富豪が、その秘訣を公開

このコピーは、「自分も大富豪になれるかもしれない」という読者の興味や関心を引いています。

その奇妙なアクシデントは、どうやって私を抜け毛から救ってくれたのか?

このコピーは、抜け毛に悩む人の悩みや好奇心に訴えかけています。

2.対象者を選別する

利益を生み出すための主な戦略には、

  • 1.商品・サービスの価値を上げる
  • 2.コストを下げる
  • 3.ニッチのニーズに絞り込む

があります。

「 1.商品・サービスの価値を上げる」

「2.コストを下げる」

は、今すぐに実践することは難しいですが、

「3.ニッチのニーズに絞り込む」

なら中小企業・零細企業・個人事業主でもすぐに、実践することが可能です。

無事故無違反のドライバーなら、自動車保険の保険料を節約できます。

このコピーは、対象者を明確に絞り込んで、メリットを売り込んでいます。

対象者を絞り込むことによって、より深く読者の心に響く見出し(キャッチコピー)を書くことができるようになります。

3.メッセージを完璧に伝える

読者の5人中4人は、見出し(キャッチコピー)だけ読んで、あとは読み飛ばしてしまいます。

あなたも新聞や雑誌と読む時は、ザッと全体の見出し(キャッチコピー)を見て、自分の興味・関心のある記事を読もうとしますよね?

だからこそ、見出し(キャッチコピー)では、こちらの言いたいことを完全に伝えてしまわなければなりません。

これをしっかりやっておけば、その広告は、見出し(キャッチコピー)しか読まない80%の読み手に、一瞬でアイデアを売り込むことができ、チャンスを広げることができます。

締め切り間近、今ならなんと年会費永年無料!20歳から持てるゴールドカード。さらに 三つの入会特典つき!お申し込み

このコピーは見事に、読み手が伝えたいメッセージを凝縮して伝えています。

4. 読者をセールスコピー本文に誘導する

ビールや清涼飲料水、お菓子などの商品は魅力的な写真、キャッチコピー、最小限の言葉で商品を売ることも可能です。

一方で、車や家、コンピューター、資格取得講座、保険、投資商品などは、読者にもっと多くの知識・情報を伝える必要があります。

つまり、コンパクト過ぎるコピーだけでは商品・サービスを売ることはできないのです。

多くの知識・情報が描かれているセールスレターのパーツはどこでしょうか?

それは、セールスコピー本文です。

したがって、広告の効果を上げるためには、見出し(キャッチコピー)で読者を本文に誘わなければなりません。

そして、読者をセールスコピー本文に誘導するには、彼ら彼女らの好奇心をかけ立てなければなりません。

そのための方法として、読者を楽しませたり、焦らしたり、謎を提示したり、様々なアイディアを試すことができます。

あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか?

というように、読者に質問を投げかけたり、挑発的なことを言ったりする手法もあります。

また、

5 日間であなたを魅力的な人にします……証明させてください――しかも無料で…

のように、見返り、有益な情報を提供する方法もあります。

まとめ

あなたは以下の見出し(キャッチコピー)のうち、どちらの見出し(キャッチコピー)に心惹かれるでしょうか?

また、どちらの見出し(キャッチコピー)が大ヒットして、多くの売り上げをもたらすことに成功したでしょうか?

A:「500円のローションで、高額な美容整形が不要に」

B:「たった500円でできる美容整形代対策」

大ヒットしたセールスコピーは、Bのコピーです。

Bのコピーは見事、

  1. 読者の興味・関心を引きつける
  2. 対象者を選別する
  3. メッセージを完璧に伝える
  4. 読者をセールスコピー本文に誘導する

を凝縮して伝えています。

これまで見てきたように、見出し(キャッチコピー)には4つの役割があり、その見出し(キャッチコピー)が成功するかどうかが、広告の全体の成否を左右するのです。

セールスレターの本文以上に、見出し(キャッチコピー)を考えることに、十分な時間をかけるようにしましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら