セールスライターは「良い商品・サービス」を扱わなくてはならない理由とは?

セールスライターとしてセールスレター、コピーを書くのならば必ず、良い商品・サービスを扱うようにしてください。

「セールスコピーを学べば、どんな商品・サービスでも売れる」

たまに、このようなことが言われますが、これは間違いです。

考えてみれば当然のことですが、セールスレターやコピーは商品・サービスそのものの価値を越えることはありません。もし、仮に、商品・サービスの価値を越えるコピーが書けたとしても、それは誇大広告になってしまいます。

セールスライティング、コピーライティングの本質は、商品・サービスに対する確信を伝達するための知識・技術です。

確信とは、商品・サービスを提供することによって、お客さんの仕事や人生が必ず豊かになるという信念のことです。

もし、あなたがこのように思うことができない商品・サービスは最初から扱うべきではありません。

もし、セールスレターを書くのであれば、リサーチの途中で思わず、その商品・サービスに惚れ込んでしまうぐらいのものを取り扱うようにしましょう。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら