セールスライターは「良い商品・サービス」を扱わなくてはならない理由とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

セールスライターとしてセールスレター、コピーを書くのならば必ず、良い商品・サービスを扱うようにしてください。

「セールスコピーを学べば、どんな商品・サービスでも売れる」

たまに、このようなことが言われますが、これは間違いです。

考えてみれば当然のことですが、セールスレターやコピーは商品・サービスそのものの価値を越えることはありません。もし、仮に、商品・サービスの価値を越えるコピーが書けたとしても、それは誇大広告になってしまいます。

セールスライティング、コピーライティングの本質は、商品・サービスに対する確信を伝達するための知識・技術です。

確信とは、商品・サービスを提供することによって、お客さんの仕事や人生が必ず豊かになるという信念のことです。

もし、あなたがこのように思うことができない商品・サービスは最初から扱うべきではありません。

もし、セールスレターを書くのであれば、リサーチの途中で思わず、その商品・サービスに惚れ込んでしまうぐらいのものを取り扱うようにしましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!