良いセールスライターは、良いリーダー(reader)です。

Engin_Akyurt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

もし、あなたが良いセールスライター、つまり、売れるセールスレターが書けるセールスライターになりたいのならば、あなたは良いリーダー(reader)になる必要があります。

なぜなら、あなたが売ろうとするものが、糖質制限ダイエットであれ、輸入家具であれ、それについて書く前には必ず、商品知識をつけなくてはならないからです。

「普通のライター」と「セールスライター」との決定的な違いとは?

「普通のライター」に仕事を頼む時、あなたは彼ら、彼女らに何を期待するでしょうか?

おそらく、その分野の専門知識・スキルなのではないでしょうか?

例えば、どれくらい深い知識があって、どれくらいの人の関心を集められるかどうかが重要視されるのではないでしょうか?

それに対して、「セールスライター」に対しては何を期待するでしょうか?

セールスライターに期待すること。それは、商品・サービスを売るための文章を書くことです。

このように、「普通のライター」に対しては、商品・サービスの売れ行きをあまり気にすることがないのに対して、セールスライターには、彼ら彼女らが書く文章によって、どれくらいの売り上げが上がるかが顧客の最大の関心ごとになります。

つまり、普通のライターとセールスライターとの最大の違いは、商品・サービスの販売につながる文章が書けるかどうかにかかっているのです。

セールスライターにとって、これから売ろうとする商品・サービスについて知ることは絶対に不可欠なこと

セールスライターとしてのあなたの仕事は、商品・サービスを売ることです。

そうであるならば当然、その商品・サービスの短所や長所、そして、その商品・サービスが見込み客にどのように役立つかなどをすべて知っておく必要があります。

つまり、商品・サービスに関する多くの知識・情報を読む必要があるのです。

これこそが、「良いセールスライターは、良いリーダー(reader)である」と言われる理由です。

あなたはセールスライターとして、この車はなぜ速く走れるのか、この飛行機はなぜ高く飛べるのか、このニュースレターはなぜ同じ市場の他のものに勝るのか、といったことをインプットして、知らなればなりません。

そして、その情報を相手と共有するために、心の底からの感情を込めて、相手に直接語りかけるようにセールスレターを書くのです。

それには、その商品・サービスがどのように作られているか、どのように機能するか、どのように役に立つか、どこが優れている、あるいはユニークなのか、などを徹底的に調べなくてはなりません。

そのためには、読む作業が必要不可欠になります。

セールスライターとして、過去にうまくいったセールスレターもたくさん読む必要があります。

また、セールスライターが読まなければならないのは、商品・サービスに関する知識・情報だけではありません。

とりわけセールスライターとして駆け出しのうちは、成功したセールスライターたちの作品(スワイプファイル=借用ファイルと呼ばれます)を徹底的に読み込む必要があります(後になれば、その必要性は低くなります)。

たくさんの優れたセールスレターを読み込んでおけば、自分の仕事の参考になりますし、言葉の表現を拝借することもできます。

ですが、この作業を通して、何より重要なのは、売れるセールスレターのリズムと構造を体得することができる点です。

こうしたことは、口で説明して分かるものではありませんし、これ以外に習得する道はありません。

小説家などと違って、セールスライターには創造性(クリエイティビティ)は一切必要ありません。

むしろ、創造性(クリエイティビティ)は邪魔になることさえありません。

セールスライターに最も必要なものは、過去に成功したセールスレターを組み合わせて、それを一つのアイディアにまとめ上げる力。つまり、構成力(コレクティブ)なのです。

そのためには、やはり、読み作業が必要不可欠なのです。

まとめ

僕があなたにセールスライターのキャリアを目指すことを強く勧める理由は、セールスライティングは「一生稼げる。一生消えない」知識・スキルだからです。

もし、あなたがダイエットに関する専門家だとしたら、ダイエットに関するライティングができるかもしれませんが、就職や転職に関するコンテンツは書くことができないでしょう。

でも、セールスライティングには、それできます。

例えば、あなたがダイエット、もしくは就職や転職に関するコンテンツの専門家でなくとも、商品・サービスを徹底的にリサーチする力。つまり、読む力があれば、分野に固執せずに仕事を受けることができるのです。

良いセールスライターになりたければ、良いリーダー(reader)になっていきましょう。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、