セールスレターに盛り込むための「反応率の高い言葉」を発見する方法とは?

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

セールスライターとして、セールスレターの反応率の上がる言葉は、ぜひとも知りたいものですよね?

もし、あなたが反応率の上がる言葉を手に入れることができれば、セールスレターの反応率は倍増とまではいかないかもしれませんが、反応率が上がる確率は格段と高まります。

問題は、どうすれば、反応率の上がる言葉を手に入れるかですよね?

「反応率の上がる言葉」を手に入れる方法

あなたのセールスレターの反応率を高める言葉は、どこで手に入れることができると思いますか?

本の中に書いてあるでしょうか?

セミナーに出れば、手に入れることができるでしょうか?

それとも、情報教材を買えばいいのでしょうか?

残念ながら、どれも不正解です。

あなたのセールスレターに反応するのは誰でしょうか?

そうです。

それは、あなたのセールスレターを読む可能性のある見込み客ですよね?

つまり、あなたのセールスレターの反応率を上げてくれる言葉を教えてくれるのは、あなたの見込み客なのです。

見込み客が普段から使っている言葉をひたすらメモしよう!

セールスライターとして駆け出しの頃、僕が常に行っていたことは、見込み客に直接会いに行って、見込み客が話す言葉や表現をひたすら、A4のノートにメモすることでした。

極めて単純な発想ですが、当時の僕は、見込み客が普段から使っている言葉や表現をセールスレターの中で使えば、反応率が上がると考えたのです。

だって、見込み客の目から見れば、自分が普段から使っている言葉や表現が書かれているセールスレターを見たら、親近感を持つのは当然ですよね?

結果はというと、大成功でした!

そして、さらに、見込み客のことを知れば知るほど、僕の書いたセールスレターの反応率が上がっていったのです。

まとめ

セールスレターとは「あなたの商品・サービス」と「あなたの見込み客」とをつなぐ架け橋です。

そして、見込み客が普段から使っている言葉は、橋をかけるために必要な「フック」となるものなのです。

その「フック」を知る方法はたった一つしかありません。

そうです。

見込み客に直接会いに行って、彼ら彼女らが使っている言葉をメモすることです。

そうした地道な積み重ねを通してはじめて、あなたのビジネス分野における「売れる言葉」を発見することができるのです。

地道な方法ですが効果は絶大ですのであなたもぜひ、やってみてください。

多くの人は、「答え」を本やセミナーに求めがちですが、そこで得られるものは一般的な内容です。

役に立たないとまでは言いませんが、あなたの仕事の成果に直結する重要な情報は常に、あなたの見込み客が持っているのです。

だからもっと、オフィスや自宅を出て、見込み客に会いにいきましょう!

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら