なぜ、セールスライターの報酬は、普通のライターと比べて6倍〜20倍も高いのか?

セールスライターのライティングは今すぐに、お客さんの財布を開かせる

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

僕がよく聞かれる質問の一つに、

「なぜ、セールスライターの報酬単価が高いのか?」

というものがあります。

この質問は、お客さんから聞かれることが一番多いのですが、しっかりと説明すれば、ちゃんと理解してもらえます。

なぜ、普通のライターは例えば、5000文字のライティングをして5000円しかもらえないのに、セールスライターは5000文字のライティングをして、3万円〜10万円の報酬がもらえるのでしょうか?

セールスライターのライティングは今すぐに、お客さんの財布を開かせる

なぜ、セールスライターの報酬が普通のライターの6倍〜20倍になるかというと、セールスライターには「ダイレクトレスポンス」用セールスライティングに関する知識・スキルがあるからです。

「ダイレクトレスポンス」用セールスライティングとは、お客さんに財布を開かせ、購入させるための広告などを作る能力です。

そして、来週でも、明日でもなく、今すぐ買わせるのです。

これは、とりわけダイレクト・レスポンス・ライターにとって、大きな違いをもたらす重要ポイントです。

広告を見た人が気にいるようなイメージ広告を書いて名声や栄光を得るのが「広告代理店」のライターだとすれば、お客さんの財布を開かせる「ダイレクトレスポンス」のライターが得るのは、現金収入です。

それを継続的に続けることができれば、集客に悩む経営者やダイレクトレスポンスのマーケターたちが、自分たちのために広告やセールスレター、インターネット広告などを書いてくれと、あなたの元に殺到するようになります。

そして、あなたに書いてもらうために、目の前で大金をちらつかせることでしょう。

セールスライターが売る商品・サービスとは?

セールスライターにとっては基本的に、売って欲しいと依頼される商品やサービスは、なんでもありです。

腹筋マシンなどの新しい運動器具、ジューサーなどの最新家電かもしれませんし、セックスマニュアルや異性にモテるための本かもしれません。

あるいは、お金持ちになるとか、ビジネスで成功するとか、健康になる、お金をかけないで旅をする、 減量する、といった知識・ノウハウを紹介する書籍やマニュアルの可能性もあります。

何の依頼であれ、あなたがプロとして提供する種類のライティングの第一目的は、売る商品やサービスに対して、見込み客を夢中にさせ、すぐにその場で買わせることにあるのです。

まとめ

繰り返しになりますが、「ダイレクトレスポンス」用セールスライティングは、人に財布を開かせ、購入させるための広告です。

来週でも、明日でもなく、今すぐ買わせるのです。

この手のセールス──すなわちダイレクト・レスポンス・セー ルスは、ラジオ、印刷、テレビなどの媒体でも行われていますが、なんといっても一番効果的な媒体は、郵便またはインターネットです。

だからこそ、これからはセールスライティングの知識・スキルに加えて、インターネットを使った集客に関する知識・スキルを磨けば磨くほど、あなたは多くの人達から求められる人材となり、もらえる報酬の額も上がっていくことになるのです。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、