年収1000万円以上のセールスライター(コピーライター)になる方法

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今回は、

「年収1000万円以上のセールスライターになる方法」

についてお話します。

 

コピーライティング(セールスライティング)のマスターであり、これまで何百人という将来有望なセールスライターを指導してきたマーク・モーガン・フォードという人が、セールスライター(コピーライター)という職業について、ぴったりと合う言葉で表現しています。

 

それが、これです。

他人を泣かせるストーリーを書くことができれば良いライターである‥‥。
他人を笑わせることができれば優れたライターである‥‥。

しかし、読んだ人が納得し、行動を起こすものを書くことができなければ、高い報酬を請求出来るライターになることはできない。

―マーク・モーガン・フォード

 

一言でいってしまえば、これこそがセールスライター(コピーライター)の仕事です。

 

セールスライター(コピーライター)の仕事は「上手な文章を書くこと」ではありません。

 

セールスライター(コピーライター)の仕事は「売れる文章を書くこと」にあります。

 

セールスライター(コピーライター)としての仕事で成果を出し続けるために必要なことは、相手の注意・興味・関心を集めるような「見出し」を書くことができるか?

 

無料レポートや商品購入などを通して、もっと情報を知りたくなるような動機を持たせることができるか?

 

相手からの信用・信頼・好意を勝ち取ることができるか?

 

そして、相手を説得し、行動を起こさせることができるかにあります。

 

見込み客に送るEメールであろうが、ウェブ広告であろうが、ウェブサイト上のランディングページであろうが、それから、お得意様向けに商品を提案する個人的な手紙であろうがすべて同じことです。

 

最も大事なことは、あなたが「人を動かす力のある文章」が書けるかどうかです。

 

では、テレビや雑誌で見かけるような一般的な広告とセールスライティングとは、どう違うのでしょうか?

 

簡単です。

 

テレビや雑誌でよく見かける広告(イメージ広告と言われます)とセールスライター(コピーライター)による説得力のあるライティングとの違いは、テレビや雑誌でよく見かける広告は商品を覚えてもらうことを目的としているのに対し、セールスライティング(コピーライティング)とは、読んだ人にその場ですぐに行動を起こさせることを目的としています。

・このリンクを今すぐにクリックしてください。
・このアンケートにご回答ください。特典としてこのプレゼントを差し上げます。
・注文書にご記入ください。
・商品をご購入ください。

といったように、1週間後や明日に先延ばしさせずに、今すぐに行動を起こしてもらうのです。

 

それでは、どうすればそんな文章が書けるようになるのでしょうか?

 

セールスライティング(コピーライティング)には「基本となる共通の法則」があります。

 

これは、人を動かす力のある全ての優れたセールスライティング(コピーライティング)に見られる隠れた構造であり、多くの広告において、その有効性が歴史的に実証されてきたものです。これを一度でも学び、しっかりと理解し、実際に使用することで、あなたの人生は劇的に変化するでしょう。

 

なぜなら、あなたが人を動かす力のある広告、ウェブページを書くことができるようになるということは一生報酬を得られる、経済的に価値のあるスキルを身に付けるということに他ならないからです。

 

「富を築くためには、経済的に価値のあるスキルを磨くことが最も重要なステップであり、これこそはその他全てのステップの基礎となるものである。」

-マーク・モーガン・フォード

人を動かす力のある“コピー”を書くことができれば、どんなビジネスであろうが、あなたのその頼れるスキルに期待して、誰もがあなたの元に集まってくるでしょう。

 

「人を思い通りに動かす〇〇の法則・・・」

 

のような「小手先のテクニック」に惑わされず、セールスライティング(コピーライティング)の最低限の基礎知識を手に入れてください。

 

そして、何よりも「セールスライティング(コピーライティング)を学び、実践することは楽しい!」と思ってもらえたら、うれしく思います。

 

現在のあなたの姿は、過去のあなたの行動の結果であり、未来のあなたの姿は、現在のあなたの行動の結果です。

 

まずは、あまり深く考えずに始めてみましょう。自分に合っているか、合っていないかなんて、やってみるまで分かりません。

 

思う存分に楽しみながら実践してみてください。

 

追伸

セールスライティングの基礎知識を身につけるなら、この本から始めましょう。

↓ ↓↓

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック(著者:寺本隆裕)

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら