「イメージ広告」と「セールスライティング」との決定的な違いとは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

あなたは普段、どんな広告を目にしていますか?

テレビ、新聞、雑誌、電車やバスの中吊り広告、それからインターネットと今はそこら中に広告が溢れていますよね?

あなたが普段、目にする広告のほとんどは企業のブランドを印象づけるためのイメージ広告です。

一方で、僕が繰り返し、あなたに紹介しているセールスライティングは違います。

イメージ広告とセールスライティングの決定的な違いとは?

イメージ広告とセールスライティングの決定的な違いとは、

「大量の人を惹きつけ、行動させる巨大なエネルギーがあるかないか」

と言うことにあります。

イメージ広告の役割は、人々に企業ブランドを認知させることにあります。

それに対して、セールスライティングの役割は人々の注意を惹きつけ、信用を勝ち取り、そして今すぐに行動させることにあります。

セールスライターが書くセールスコピーの究極の目的は、それを読む人に商品・サービスを買ってもらうことにあります。

それができなければ、たとえ、それがどんなに面白く、感動的で、そして記憶に残るものだとしても失敗作です。

セールスライティングの世界では、コピーを読んだ人が実際に行動をして、セールスライターが意図する目的(例えば、資料請求をする、見積依頼をする、商品・サービスを購入する)を達成させることができなければ、どんな言い訳をしようとも失敗なのです。

ですので、セールスライティングはとても厳しいもので、結果は明確です。

文章には人の人生を左右するほどのパワーがある

あなたは想像できないかもしれませんが、文章には人の人生を左右するほどのパワーがあります。

例えば、文章を書くことでたくさんの人を励まし、勇気を与えることができます。また、意中の相手に自分の想いを伝えることで、恋愛が育まれることもあります。

逆に、たった一言の文章で、人を深く傷つけてしまうこともあります。

普段、私たちは特に意識せず、何気なく言葉を使っていますが実は、言葉には人を幸福にも不幸にもするほどの魔力があるのです。

ですので、セールスコピーを書くセールスライターは、そんな言葉の力を良く理解した上で、言葉を使う必要があるのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)