成功したければ「業界の権威」になることを恐れるな!

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

どんな業界でも業界をリードしていて、有名なグルと呼ばれている人たちがいます。

ちなみに、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの分野でこのグルに当たる人たちはダン・ケネディ、ジェイ・エイブラハム、ジョー・シュガーマンになります。

僕はあまり詳しくないのですが、投資の世界であればウォーレン・バフェットでしょうか?

謙遜は美徳ではない

僕たち日本人は特にそうだと思いますが「自慢することは、みっともないことだ」という文化の中で育ってきています。

僕が中学生や高校生の頃はそんなに校則は厳しくなかったですが「みんなと同じでなければならない」という暗黙な空気のようなものがあって、ちょっと息苦しく感じていたことを覚えています。

例えば、中学生ぐらいになると異性を意識するようになって髪の毛を真ん中で分けたりする人が増えるのですが、そうすると必ず「あいつ髪の毛を分けてカッコつけてる」という目で見られるて馬鹿にされるような風潮がありました。

でも、ビジネスにおいてはこの「みんなと同じ」や謙遜がマイナスに働いてしまうことがあります。

なぜなら、あなたの商品・サービスを買おうかどうか迷っている見込み客や顧客の立場から考えれば、あなたが自信なさげにしていたら、ちょっと不安になってしまいますよね?(自信満々過ぎても逆に、違和感がありますが)

せっかくあなたやあなたのビジネスに興味を持ってもらった見込み客や顧客に対して、できるだけたくさんの信頼できる情報を提供して安心させてあげましょう。

もちろん、必要以上に自分を大きく見せる必要はありませんがビジネスを行っている以上、あなたは常に自分自身をアピールし続けなくてはならないのです。

私たちは有名になるビジネスをしている

「私たちは有名になるビジネスをしている」

ダイレクト・レスポンス・マーケティング分野の権威中に権威であり、億万長者メーカーと呼ばれているダン・ケネディはこのように言っています。

これは、何も芸能人のようになれと言っているのではありません。

あなたのビジネスの見込み客から見て、魅力的な存在になれというように意味で捉えればちょうどいいと思います。

もし、あなたがライバルよりも一歩抜きん出たいと本気で思っているのなら、ライバルよりも見込み客や顧客を魅了しなければなりません。

まとめ

日々、ビジネスを行っていると大小、自分や自分のビジネスを有名にするチャンスが溢れています。

そのチャンスを見て見ぬふりをするのではなく有名になるのを恐れずに、チャンスをどんどん掴み取っていきましょう!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、