セールスライターとして、身につけなければならない「習慣」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

セールスライターとしてぜひ、あなたに身に付けて欲しい習慣の1つに、読書習慣があります。

読書自体はセールスライティングの成果に直結するものではありませんが、間接的には間違いなく大きく成果に関わってくるものです。

なぜなら、「良いセールスコピー=売れるセールスコピー」を書くためには、大量のインプットが必要だからです。

セールスライターはできるだけ、様々な知識と体験を持つべきです。

特に、人間の購買心理に関する知識と体験は、どんな商品・サービスを売るにしても共通のものがありますので、日ごろから知識と体験を広げ、深めておく必要があります。

小中学校の夏休みの宿題に出た読書感想文や大学時代の卒業論文と同じです

。読書感想文を書くためには本をしっかりと読まなければ書けませんよね?(ズルをして、親や友達に代わりに書いてもらった人は別ですが・・・)

つまり、1つの質の高いアプトプットを出すためには、その何倍ものインプットが必要なのです。

ですから、常に商品・サービスを売るためのコピーを書く必要に迫られているセールスライターにとっては、日頃から様々なことに興味・関心を持ち、たくさんの読書をして、色々なことを知ろうとする好奇心と学び続ける姿勢を身に付けておく必要があるのです。

学習効果を最大限に高める方法

ちなみに、アウトプットする方法は新しいインプットをしたら、48時間以内に学んだ内容をブログに書いたり、人に教えたりして、アウトプットしてください。

これは大ベストセラーとなった名著である『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著、キングベアー出版)に書かれていたことですが、学習効果を最大限に高めるには学んだことを48時間以内にアウトプットするのが最も効果的だとされているからです。

「なぜ、48時間なのか?」という科学的根拠はともかく、「学んだことは早いうちにアウトプットしないとすぐに忘れてしまう」ということは、僕らの経験的にも実感できることだと思いますので、何かをインプットをしたら、できるだけ早いうちにアウトプットすることを心掛けていきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら