「Contents is King」(コンテンツは王様)は間違い?:インターネットマーケティングにおける最大の資産とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From;HIRO

あなたは、「Contents is King」(コンテンツは王様)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

実は、この言葉は間違っています。

「Contents is King」(コンテンツは王様)ではありません。

もちろん、コンテンツは重要であり、コンテンツはインターネットマーケティングを行う上で不可欠なものです。

でも、インターネットマーケティングに行うにあたり、一番の王様は「コンテンツ」ではありません。

インターネットマーケティングにおいて、一番の王様は「読者との関係性」=リストの質にあります。

人生が変わるほど、大成功しているマーケッターが必ず持っているものとは?

人生が変わるほど、大成功しているマーケッターが持っていて、それほど成功していなマーケッターが持っていないものは何でしょうか?

それは、「Contents is King」(コンテンツは王様)という言葉に象徴される様な「質の高いコンテンツ」ではありません。

それは、「読者との関係性」です。

この「読者との関係性」は、よくリストと呼ばれますが、それは単なる名簿のようなものなんかではありません。

「読者との関係性」とは、単なる名簿ではなく、読者との心のつながりのことです。

そして、その「読者との関係性」が深ければ深いほど、あなたの伝えるメッセージは、読者に強い影響力を与えることができます。

例えば、読者があなたのことを深く信頼していればいるほど、あなたが買うように進める商品・サービスは売れやすくなります。

また、信頼が続く限り、一度きりの販売ではなく、何度も何度も繰り返し、商品・サービスを販売することができます。

想像してみてください。

そんな「読者との関係性」をあなたのビジネスに取り入れることは、あなたのビジネスをどれほど安定化させることができるでしょうか?

「読者との関係性」=村(リスト)

この「読者との関係性」は、何かに例えるのなら村(リスト)のようなものです。

ビジネスで最も重要なものは、商品・サービスではありません。ビジネスで最も重要なものは、読者との関係性」=村(リスト)です。

ちなみに、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの権威であるダン・ケネディは、この「読者との関係性」のことを「群れ」と読んでいますが僕は「群れ」という言葉ではなく、「村」と読んだ方が物事の本質をよく理解できると思っています。

なぜなら、昔から「村」というものは、そこに住んでいる住民同士の結びつきが強く、村人同士はみんな知り合いであり、そして、「村」の中で発生する出来事はすべて、「村」の中でまかなわれて来たからです。

これはどういうことかというと例えば、村の中にあるケーキ屋さんがあなたの隣人だったとします。

もし、彼が美味しくないケーキを作ったとしたら、あなたはどうしますか?

普通は「二度と行くもんか!」となるところですが、彼はあなたの仲の良い隣人です。

あなたは「二度と行くもんか!」とはならずに、彼のために率直な感想と改善策を伝えるかもしれません。

でも、彼があなたの隣人ではなく、見ず知らずの人であれば話は別です。あなたは二度と、彼のケーキ屋さんに行くことはないでしょう。

ビジネスにおける「読者との関係性」は、このような「村」というシステムに似ています。

「村」というシステムは、様々なしがらみなどの面倒がある反面、お互いに助け合いの精神が働いているのです。

ですので、もし、あなたのビジネスにおいて「読者との関係性」を築くことができれば、あなたが困った時に隣人が助けてくれるように、あなたは自分のビジネスの中に予測可能性の高い資産を築くことになるのです。

インターネットマーケティングにおける最大の資産とは?

インターネットマーケティングにおける最大の資産とは、「読者との関係性」=リストの質です。

だから、あなたがブログ記事、音声コンテンツ、動画コンテンツ、商品・サービスなど、様々なものを生み出す時、それが「読者との関係性」にどのような影響を及ぼすかを考える必要があります。

質の低いコンテンツを作れば、読者を失望させてしまうかもしれません。

逆に、質の高いコンテンツを作れば、読者に役に立って、読者を喜ばせることができるかもしれません。

また、無理な押し売りは「読者との関係性」を壊してしまうかもしれません。

逆に、読者の悩みや願望に寄り添い、適切なタイミングで適切な販売を行えば、「読者との関係性」が成長・発展するかもしれません。

「読者との関係性」とは文字どおり、「双方向の関係性」です。

つまり、月並みな言葉ですが、読者の悩みや願望をよく知り、読者の人生をよりよくするための提案はサポートをすることによって、「読者との関係生」は育まれていきます。

逆に、自分の利益のことしか考えないような関係生は「双方向の関係性」ではなく、それはただの搾取です。

一方が一方を搾取するような関係は当然、長くは続かず、破綻してしまうでしょう。

まとめ

インターネットマーケティングにおける最大の資産とは、コンテンツではなく「読者との関係性」です。

現実のビジネスでお客さんやビジネスパートナーを大切にするように、インターネット上でも同じように「読者との関係性」に配慮し、貢献することこそが、あなたのビジネスの最大の資産を創り上げることであり、ビジネスを安定・成長させるための最大の秘訣なのです。

コンテンツは「読者との関係性」を深めるための手段であり、目的・目標ではないのです。

「読者の悩みや願望を解決するためのコンテンツは何か?」

常に、この質問を自分に投げかけながら日々、インターネットマーケティングを行うことこそが、最短・最速で成功にいたる道であり、王道中の王道の方法なのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら