なぜ、インターネット集客には「セールスライティング」が欠かせないのか?

rawpixel / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今、私たちの日々の仕事や生活には、インターネットは欠かせないものになっています。

もう、インターネットがない時代が想像できないくらいに、私たちの生活にはインターネットが浸透していますよね?

何かを調べたい時にGoogleやYahoo!などの検索エンジンに「知りたいことに関するキーワード」を打ち込めば、すぐに求める答えに関する情報コンテンツが表示されます。

もうこんな生活が当たり前になっていますが、考えてみたらこれは凄いことですよね?

ひと昔前は、インターネットなんてなかったんですから。

インターネットを使ったマーケティングは欠かせない

消費者がインターネットを使うことが当たり前になったのですから、企業などの情報提供者も当然、インターネットを使ったマーケティング活動が欠かせませんよね?

でも今、自社サイトにアクセスを集めようと多額のお金をかけてもみても、全然成約率が上がらないという悩みを持つ企業が増えています。

そこで、そのウェブサイトを見てみるとそのほとんどの原因は、そのウェブサイトのコピーライティングと成約までの導線が合致していないことがほとんどなのです。

検索キーワードが鍵

あなたの見込み客は検索エンジンにせよリスティング広告にせよ、自分の興味のあるキーワードをGoogleやYahoo!などの検索エンジンに打ち込んで、あなたのウェブサイトに辿りつきます。

そして、その見込み客は、自分の欲しいものや情報に辿り着こうとして、サイト内を巡回します。

でも、多くのウェブサイトが見込み客の属性はおろか、購買に至るまでの心理をしっかりと分析していないため、十分に見込み客の心を掴むことができていません。

見込み客の心を掴むことができていなければ、ウェブサイトに多額の予算を投じても、結局や商品・サービスの成約には至らないので、コストばかりが膨らんでいく結果になります。

でも、安心してください。

こういう悩み、課題については、セールスライティングの知識・スキルをウェブサイトに導入することで、成約率を飛躍的に向上させることができるケースがほとんどです。

ウェブサイトは星の数ほど存在する

また、今の時代、ウェブサイトは星の数ほど存在し、インターネット上には膨大な情報で溢れています。

そんな時代において、インターネットを使って集客するためには一体、何をどうすればいいのでしょうか?

答えはシンプルです。

  • 「検索エンジンユーザー=あなたのビジネスの見込み客」を120%満足させるだけのコンテンツ記事を継続的に書き、アクセスを集める。
  • 無料レポートや商品・サンプルなど、見込み客にとって価値あるモノや情報と引き換えに見込み客の個人情報を獲得する。
  • 見込み客の個人情報宛にメールで継続的に情報を発信して、見込み客を顧客へと育成し、最終的に商品・サービスを販売する。

このシンプルなことを徹底的に行うことで初めて、インターネットを使って集客をすることが可能になるのです。

セールスライティングは絶対に欠かすことはできない

さて、見込み客を120%満足させるようなコンテンツ記事を書くのも、メルマガでメッセージを書くのも、セールスライティングの知識・スキル・経験が大きな力となります。

つまり、セールスライティングはビジネスの推進役であり、ドライバーでもあるのです。

まとめ

どんなビジネスでも、その成否は顧客獲得をいかにスムーズに行えるかにかかっています。

そして、その顧客獲得につながる「顧客の購買心理を掴むための知識とスキル」こそ、セールスライティングなのです。

インターネットで集客するのなら必ず、セールスライティングについてもしっかりと学んでおきましょう。

あなたのその努力は何倍、何十倍もの見込み客・顧客数として返ってくることでしょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら