「インターネット」は「セールスライティング」をどのように変えたのか?

rawpixel / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

「インターネット」は「セールスライティング」をどのように変えたのか?

今回は「インターネット」と「セールスライティング」の関係性について、考えていきたいと思います。

この記事を読むことによってあなたは、インターネットの特性を理解した上で、セールスライティングを活用し、ビジネスを大きくしていく方法を学ぶことができます。

また、「インターネットを活用しているのに、全く集客できない原因」についてもヒントを得ることができるでしょう。

セールスライティングは普遍の知識とスキル

セールスライティングは普遍的な人間の購買心理に訴えかける知識・スキルなので基本的に、オンラインだろうとオフラインだろうと、本質的なところは変わることはありません。

例えば、Facebook集客法、YouTube活用法などの知識・スキルはテクノロジーの進化と変化とともに変わっていきますが、セールスライティングは「普遍の人間心理」を扱うものなので、時代やテクノロジーによって大きく左右されることはありません。

でも、インターネットの出現によって変わったこともあります。

一体、何が変わったのでしょうか?

インターネットによって何が変わったのか?

1.人の注意力が低下した

インターネットやコンピュータ 、ビデオゲーム 、その他の電子媒体により 、人の注意を持続させられる時間は短くなりました。

書くことについては 、これまでも簡潔であることがよしとされてきましたが、今はそれがさらに重要になってきています。

なぜなら、

「スマホをポケットから出して、知りたいキーワードをGoogleなどの検索エンジンに入力すれば、知りたい答えが瞬時に得られる」

僕たちが生きている今は、そんな時代だからです。

でも、だからといって長いセールスコピーがダメだということでもありません。

長いセールスコピーでも、それが読み手にとって価値がある内容であれば最後まで読まれていきます。

逆に、どんなに簡潔なセールスコピーであっても、その内容が読み手にとって何の価値もないものであれば、最後まで読まれることはありません。

人の注意力は年々低下していっていますが、常に求められるものは読み手にとって良質なコンテンツであることは変わることはありません。

2.情報量が膨大になった

僕たちを含めた消費者は今 、かつてないほど膨大な量のメッセ ージや情報に悩まされています。

これはつまり 、多くの広告は埋もれてしまうということです。

だから 、成功するセールスコピーは 、読み手が常日頃思っていることを理解し 、そのニ ーズや願望 、怖れに触れることで 、読み手に関係のある話として書かなければなりません。

つまり、読み手の頭の中の会話に自然に入るこむようなセールスコピーが求められるということです。

3.広告が疑われるようになった

インターネットの普及により消費者の 目が肥えていっています。

あなたも含めた消費者は誇大広告をすぐ見抜くようになり 、より懐疑的になってプロモーションを避ける術を覚え 、自分のためになる広告を好むようになりました。

今、求められているのは消費者の知性を正しく認め、見下した物言いはせずに、自分の抱えている問題を解決したり、購入の意思決定をする上で役立つ広告です。

つまり、これからの広告は「買ってください。私たちは素晴らしい商品・サービスを持っています」という売り手視点の広告は遠ざけられる運命にあるのです。

4.スピードが早くなった

現在、見込み客の仕事や生活はかつてないほど忙しくなり 、ゆったりとした時間が持てなくなっています。

情報入手の利便性とスピードが 、時間の節約につながるため 、今日ではスピードこそが大きなセールスポイントになるのです。

スピーディーにコンパクトで整理された情報を届けること。

今の時代は常に、そのことが求められているのです。

まとめ

このように、情報が溢れ、スピードが求められる現代だからこそ、人々に温もりを伝えることができるようなセールスライティングが価値を持つのです。

あなたもインターネットを検索する1人の消費者として実感できると思いますが、今の消費者は昔よりも様々なことを学習し、より疑り深くなっています。

インターネットのおかげで消費者は、自分の欲しい情報を手軽に手に入れることができるようになりました。

つまり、権力は消費者の側が握っているのです。

そんな時代だからこそ、売り手は消費者の立場から商品・サービスを提案する術を身につけなければならないのです。

そして、その術こそがセールスライティングの知識・スキルなのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!