リードジェネレーション広告では、見込み客を見つけることだけに集中せよ!

リードジェネレーションというのは「興味がある」「自分があてはまる」と相手に感じさせ、自ら一歩を踏み出させるものなのです。

mohamed_hassan / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

見込み客を集めるための広告は、リードジェネレーション広告と呼ばれています。

リードジェネレーション広告で重要なのは、必要なことだけを語り、それ以上は言わないということです。

相手にメールアドレスを登録してもらう、電話をかけてもらうためには、これが必要です。

あなたは、見込み客にメールアドレスを登録してもらったり、電話してもらおうとして、つい多くを語り過ぎてしまうかもしれません。

これはダメです。

多くを語り過ぎてしまうと、リードジェネレーションをしようとする際に見込み客を創出しようという段階を越えてしまい、セールスをしようとしてしまうことは問題です。

リードジェネレーションというのは「興味がある」「自分があてはまる」と相手に感じさせ、自ら一歩を踏み出させるものなのです。

自分はここに書かれている問題を抱えている、同じフラストレーションを感じている、同じようなビジネスをしている、このソリューションを求めている。見込み客にこう思わせることが、リードジェネレーションのすべてです。

とにかく大事なのは、最初に多くをやり過ぎないこと、売りつけようとしないことです。

ここで何かを教えようとするのはもってのほかですし、自分たちの商品・サービスを売ろうとするのはまだまだ未熟な証拠です。売るというのは別の段階の話なのです。

例えば、あなたが「夏までに5kg以上痩せる方法」についてのレポートを送付する見込み客を創出するためのリードジェネレーション広告を打つとしたら、その段階での目標は、 自分が太ったままでいることについて恐れを抱いていて、 何とかしたいと思っている人を掘り起こすことです。

売りたいのが、本であろうと、サプリメントであろうと、施設であろうと、何か得体の知れないねばねばした液体であろうと関係ないのです。

リードジェネレーション広告ではただ、見込み客を見つけることだけが重要なのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!