セールスコピーの説得力を高める方法:様々な人物を登場させる

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスコピーには主に3つの役割があります。

それは、

  1. 読み手の興味・関心を惹きつけること
  2. 説得力を高めること
  3. 行動を促すこと

です。

今回は、その中で、セールスコピーの説得力を高める方法の一つとして、話し手を変えるという手法を紹介したいと思います。

たとえば、女性が投資で成功したストーリーをセールスコピーに入れるなら……

こんなふうに、 ヘッドライン(見出し)に合ったストーリーを彼女自身が語ってもらいます。

「ABC証券に投資することを主人に話したとき、主人は私に、お金のことなんか知らないだろうと言いました。お金がすっからかんになるだけだ。何も知らないのだよ、などと言いました。でも今は、主人は郵便物の中から私宛の小切手を抜き取ろうとするのです。それに、家族の中では私が金儲けの天才だって姑に話しています」

こんなふうに、成功した前と後の状態を成功した本人の証言として語るように書くのです。

こうしたストーリーには、部屋の前に立って皆にセールストークをしているかのような、あるいは1対1で売り込みしているかのようなパワーがあります。

もうひとつは、夫が語るストーリーです。

ここで夫は、

「私は、これまでに聞いたこともないABC証券とやらで、妻が我が家を破産させてしまうのではないかと思いました。でも、今は知っている人みんなにこう言いたいです。妻は今世紀の財テクの天才です。おかげで私は仕事を辞めてゴルフ三昧の毎日です。これまでずっと憧れていたようなスタイルで妻が私を養ってくれています」

といった感じで語ることで、さらにセールスコピーの説得力を高めることができるのです。

セールスコピーの説得力を高めたいのなら、様々な立場の登場人物を登場させて、証言として成功する前と後の状態を生き生きと語ってもらいましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら