セールスコピーの説得力を高める方法の一つとして、話し手を変えるという手法があります。

たとえば、女性が投資で成功したストーリーをセールスコピーに入れるなら……

こんなふうに、 ヘッドライン(見出し)に合ったストーリーを彼女自身が語ります。

「ABC証券に投資することを主人に話したとき、主人は私に、お金のことなんか知らないだろうと言いました。お金がすっからかんになるだけだ。何も知らないのだよ、などと言いました。でも今は、主人は郵便物の中から私宛の小切手を抜き取ろうとするのです。それに、家族の中では私が金儲けの天才だって姑に話しています」

こんなふうに、成功した前と後の状態を成功した本人の証言として語るように書くのです。

こうしたストーリーには、部屋の前に立って皆にセールストークをしているかのような、あるいは1対1で売り込みしているかのようなパワーがあります。

もうひとつは、夫が語るストーリーです。

ここで夫は、

「私は、これまでに聞いたこともないABC証券とやらで、妻が我が家を破産させてしまうのではないかと思いました。でも、今は知っている人みんなにこう言いたいです。妻は今世紀の財テクの天才です。おかげで私は仕事を辞めてゴルフ三昧の毎日です。これまでずっと憧れていたようなスタイルで妻が私を養ってくれています」

といった感じで語ることで、さらにセールスコピーの説得力を高めることができるのです。

セールスコピーの説得力を高めたいのなら、様々な立場の登場人物を登場させて、証言として成功する前と後の状態を生き生きと語ってもらいましょう。

サラリーマンの大逆襲

なぜ、このビジネスは、商品なし、経験なし、コネなし、初期投資なし、売るためのメディアなし、リストなし、そして、会社をやめなくても、リスクなく副業からでも始めることができるのか?

6ヶ月以内に現在の収入以外に、月収30万円以上を稼ぐ方法

もし、あなたが今のビジネスだけでは不安で、もう1つの収入源が欲しいと思っているのなら、このまま頑張った先に、自分の求める未来がないと感じているのなら、これを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事