世界一シビアな「社長力」養成講座:「マネジメント」とは、利益を上げることだ。

世界一シビアな「社長力」養成講座 著者: ダン・ケネディ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

世界一シビアな「社長力」養成講座(著者: ダン・ケネディ)

 

の中で印象に残った言葉を紹介します。

 

彼ら学者達は、訳の分からない「新語」を創り出し、
小難しい理論をひねくり回すが、「マネジメント」が何かを分かっていない。

「マネジメント」とは、利益を上げることだ。

大学でマネジメントを教えている教授連中は、実社会で
クレームの一つも受けたことがなく、実際に従業員を雇ったことも、
現実の問題に取り組んだこともない。ましてや、「利益を出せ」などと
命令されたことなどただの一度も無いやからだ。

引用:世界一シビアな「社長力」養成講座(著者: ダン・ケネディ)

 

ダン・ケネディのこの言葉に触れたとき、僕にとってはかなりの衝撃でした。

なぜなら、僕の本職は、コンサルタントや大学教授などの専門家と協働して、
企業現場の課題解決に役立つような解決策を立案し、それを実行することに
あるからです。

この言葉には、深く考えさせられました。


「机上の空論」を安易に顧客に差し出すわけにはいかない・・・。

 

そこで、僕が出した答えは、僕はビジネスパートナーとしては、

1)顧客の状況をかつて自らも経験し、顧客が望む事をすでに成し遂げている人物・組織

2)実際のビジネス現場で闘い、失敗体験も成功体験も共に、経験したことのある人物・組織。

3)その助言で利益を上げられることが証明出来る人物・組織。

4)その助言に保証が伴う人物・組織

としか付き合わないと決めました。

その結果、ビジネスパートナーの真贋を見極められたばかりでなく、
僕の顧客に対しても納得と満足のいく解決策を提供することができました。

つくづく、ダン・ケネディのアドバイスは、どれも実践的なものばかり
だと感心させられます。

P.S

もし、あなたが「良い人」ではなく、「儲かる人」になりたければ、
この情報はあなたの役に立つでしょう。
↓↓↓
世界一シビアな「社長力」養成講座(著者: ダン・ケネディ)

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)