自分の商品・サービスに惚れ込むな!

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

もし、あなたが自分の商品・サービスに惚れ込んでいるのなら、少し商品・サービスから距離を置くことを考えた方がいいかもしれません。

なぜなら、多くの人が商品・サービスを売ることに苦戦してしまう原因の1つに「商品中心思考」というものがあるからです。

「商品」を売るのではなく「結果」を売る

例えば、ダイエットに効くサプリが合ったとして、それを買うお客さんが欲しいのは、そのサプリを飲むことによって「痩せる」という結果ですよね?

極端な話、そのダイエットサプリの成分が何であっても、お客さんが欲しいのはその成分ではなくて、あくまでも「痩せる」という結果にあります。

でも、多くの人は知らず知らずのうちに、自分の商品・サービスに惚れ込んで、肝心の見込み客や顧客を置き去りにしてしまいがちです。

一番大事なことは、商品・サービスを通して、お客さんの問題を解決したり、生活を豊かにすることに貢献することにあるはずが、いつの間にか「自分たちの正しさを証明しよう!」という考え方に変わってしまいがちです。

こうなったら危険です。なぜなら、、、

ビジネスと恋愛の関係

この状態を恋愛に例えるとよくわかるのですが、「自分のことが大好き=自分の商品・サービスが大好き」で「自分たちの正しさを証明しよう」としている人たちは、「僕があなたのことをこんなに好きなんだから、つき合ってよ」と相手に迫っているのと一緒だからです。

あなたがそう言われる立場だったら、「怖い・・・」と思って、ちょっと引いてしまいますよね?

「プロダクトアウト」と「マーケットイン」

あなたは「プロダクトアウト」と「マーケットイン」という言葉があることを知っていますか?

「プロダクトアウト」というのは、「作り手が良いと思うものを作って、市場に提供すること」

「マーケットイン」というのは、「市場が望むものを作る」ということです。

どちらがいい悪いではありませんが、多くの場合、成功するのは「マーケットイン」の発想です。

もちろん、「プロダクトアウト」で成功している会社もありますが稀なケースです。

Appleのスティーブ・ジョブスは自分のことを信じ切って、発表した商品・サービスが世界を変えました。

まとめ

「プロダクトアウト」で成功する会社もありますが、よほど自分に自信と確信がない限り、危険な賭けになります。

あなたがやるべきことは「商品中心」を置いておいて、「顧客中心」に発想を切り替えることです。

忘れてはいけないことは「商品」が売れているのではないということです。

売れているのは、その商品が与えてくれる「結果に対する期待」の方にあるのです。

それを忘れないようにして、メッセージを作り、発信していきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら