マーケティングとは「部活やサークルの勧誘活動」・・・のようなものである

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

本業でも副業でもあなたは毎日、ちゃんとマーケティング活動を行っていますか?

僕はマーケティングは必ず、毎日やらなければならない活動だと思って取り組んでいます。

なぜなら、ビジネスで成功を収められるかどうかはほぼ100%、マーケティング活動を成功させられるかどうかにかかっているからです。

つまり、ビジネスの将来的な生死を左右するほど重大事項なんです。

マーケティング活動とは何か?

世の中に、マーケティングに関する定義は様々ありますが、 僕が考えるマーケティングの定義はシンプルに、

マーケティング活動とは、あなたの商品・サービス、そしてビジネスの考え方や内容を高く評価してもらえるように、まずは見込み客や顧客が抱く「悩み」や「願望」を解決するためのお手伝いをして、結果的に商品・サービスの販売に結び付けること

です。

なぜ、マーケティングが大事なのか?

あなたも僕と同じように日々、見込み客や顧客と電話をしたりメールを送ったり、ミーティングをしたり、商品・サービスを開発したりと忙しい毎日を送っていると思います。

もしかしたら、「マーケティングなんかやっている暇なんかないよ!」とあなたは思うかもしれませんが、それはとても危険な考え方です。

なぜなら、マーケティングを行わないと、あなたがどんなに素晴らしい商品やサービスを持っていたとしても、それを必要とする見込み客や顧客を見つけて、商品・サービスを販売する方法を知らなければ、売上はゼロ。もちろん、利益もゼロになってしまうからです。

これは僕の恥ずかしい体験なのですが、僕は新卒である人事系のコンサルティング会社に入社しました。

僕が売らなければならない商品・サービスは、経営幹部向けの教育・研修サービスでした。

経営の「ケ」の字も知らない新人なので、学ぶべきことはたくさんあります。

そこで僕は、ドラッカーやらコッターやら、マイケル・ポーターといった経営学の名著をひたすら読む毎日を送っていました。

その一方で、経営者や経営幹部に対する営業活動は「まだ、知識が完璧じゃない」と思って、営業所長の目を盗んでサボって勉強ばかりしていました。

その結果、僕の営業成績は全国の新人の中でビリ(当然ですよね・・・)。知識も机上のものばかりで、実務を行って初めて得ることができる知恵は全くつきませんでした。

今、振り返れば、僕は勉強を言い訳にして、日々の苦しい営業活動から逃げていただけでした(胸に手を当ててみてください。あなたは、本当にやらなければならないマーケティング活動から逃げていませんか?)

新人の僕は、1円も売り上げを上げなくても最低限のお給料をももらえていましたが、これが経営者や経営幹部だったら一大事ですよね?

会社は、あっという間につぶれてしまいます。

マーケティングは部活やサークルの勧誘活動・・・のようなものである

マーケティングの重要性が伝わったでしょうか?

「私は忙しいので、マーケティングは後回し」という考え方、少しは「変えようかな」と思ってもらえたでしょうか?

もし、「まだまだ、そんなこと考えられないよ。面倒くさいじゃん!」ということであれば、マーケティング活動を啓蒙活動、もしくは部活やサークルの勧誘活動ととらえてみてはどうでしょうか?

中学、高校、大学の時。あなたは毎年、新入生が入学してきたら一生懸命になって、部活やサークルの勧誘活動をした経験はありませんか?

僕は大学の時、日本拳法という武道をやっていたのですが、演武や瓦割をして必死で新入部員を集めていました。

そんな時、「絶対にうちの部やサークルに入った方が楽しい学生生活が送れる!」という情熱と決意がなければ、新入生を口説くことなんてできませんでしたよね?

そして、新入生を口説く時、単に部やサークルの拡大を目的としているのではなくて、自分たちが信じている部やサークルの魅力を一人でも多くの新入生に伝えて、その魅力を知って欲しいと思って勧誘活動をしていたはずですよね?

そして、もし、その努力が実って、新入社員の考え方や価値観を変えることができて初めて、新入生は自分たちの部活やサークルに入部してくれて、仲間になってくれましたよね?

このことは、ビジネスで顧客を獲得するために行う活動と全く同じなのです。

まとめ

もし、あなたがマーケティングはいきなり電話をかけたり、飛び込み営業をすることを繰り返すだけの辛い活動だと思っていたら、それは大間違いです。

そんなものは、マーケティング活動ではありません。それは、自分たちのエゴを優先したただの金儲けです。

本当のマーケティング活動の目的とはお金儲けではなく(お金も儲けはもちろん大切ですが第一ではありません)、顧客と生涯にわたりビジネスを続けていくこと。そして、顧客とお互いに好意を抱きあい、そして、共感をし合える関係を築くことにあるのです。

それこそが、永続するビジネスに必要不可欠な条件であり、お金以上にビジネスから得られる価値なのです。

さて、あなたはどんなマーケティング活動から始めますか?

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら