Free-Photos / Pixabay

マーケティングを成功させる秘訣は何でしょうか?

それは、適切なメッセージを適切なマーケット(ターゲット)に対して、適切なメディアで伝えることにあります。

メッセージとマーケット、そしてメディア。どれが欠けてもダメです。

この3つがピッタリと合致することで、あなたのマーケティングを成功させることができるのです。

マーケティングの第一歩はメッセージを明確にすること

そして、マーケティングの第一歩はメッセージを明確にすることです。

多くの人は、ろくにメッセージを練りもせずに、様々なメディアに飛びつきます。

  • Facebookがいいと聞けば、Facebookに・・・
  • Twitterがいいと聞けば、Twitterに・・・
  • LINEがいいと聞けば、LINEに・・・
  • You Tubeがいいと聞けば、You Tubeに・・・

目新しいものには何でも飛びつきます。

そして、うまくいかない、効果がないと嘆くことになるのです。

本当は自分自身のメッセージがありきたりで弱々しいということも気付かずに、効果のありそうなメディアを探し求めるのです。

メッセージを価値観で支えましょう

では、力強いメッセージを練り上げるには、どうすればいいのでしょうか?

それは、メッセージを明確にする前に、あなたが大切にしている価値観を明確にすることです。

価値観、つまりバリューを持たないビジネスは、表面的には強く見えてもすぐに吹き飛んでしまうほど脆いものです。

価値観がないメッセージは不景気、新しい競合相手が現れれば、すぐにひっくり返されてしまうでしょう。

例えば、マクドナルドの歴代キャッチコピーは下記になります。

  • 1970年代 味なことやる マクドナルド
  • 1980年- 1984年 世界のことば マクドナルド
  • 1984年- 1980年代 おいしい笑顔 マクドナルド
  • 1990年代初期 だから… マクドナルド
  • 1990年代中期 おいしいね、マクドナルド
  • 1990年代後半 いつでもそこに マクドナルド
  • 2003年 – 現在 I’m lovin’ it

このマクドナルドのキャッチコピーに象徴されるように、マクドナルドの創業者であるレイ・クロックは、狂信的と呼べるほどの一貫性へのこだわりを持っていました。

東京のマクドナルドは福岡のマクドナルドと全く同じという一貫性です。

マクドナルドが登場するまでは、これほどの一貫性にこだわる外食店がなかったので、レイ・クロックの一貫性のこだわりは、瞬く間にマクドナルドの成長を後押しする原動力になりました。

それから、フェデラルエクスプレスのメッセージは「お客さまの大切なお荷物を、安全に、そして1日で確実にお届けします」というものですが、フェデックスの社員はこの価値観を守るためなら、どんな極端なことでもするという逸話も残されているぐらい、価値観が浸透されているのです。

まとめ

価値観とは、本屋さんからかっこいい言葉を選びだして使おうとするものではなく、自分の内側、つまり心の中から見つけ出すものです。

自分の価値観を見つけ出したら、その価値観をメッセージにできないかを考えてみましょう。

そのメッセージこそが、あなたのビジネスを強力に支える軸となるのです。

サラリーマンの大逆襲

なぜ、このビジネスは、商品なし、経験なし、コネなし、初期投資なし、売るためのメディアなし、リストなし、そして、会社をやめなくても、リスクなく副業からでも始めることができるのか?

6ヶ月以内に現在の収入以外に、月収30万円以上を稼ぐ方法

もし、あなたが今のビジネスだけでは不安で、もう1つの収入源が欲しいと思っているのなら、このまま頑張った先に、自分の求める未来がないと感じているのなら、これを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事