ヘッドライン(見出し)よりも重要なセールスレターの要素とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

今回は、『ヘッドラインよりも重要なセールスレターの要素』についてお話します。

セールスレターの中で「何よりも重要な要素」とは?

さて、あなたはセールスレターで「何よりも重要な要素」は何だと思いますか?

ヘッドライン(見出し)でしょうか?

実は、違います。

セールスレターで最も重要な要素とは「訴求ポイント」です。

「訴求ポイント」とは、簡単に言えば、あなたの商品を「購入してもらう理由」のことです。

例えば、効果的な「訴求ポイント」には、こんなものがあります。

↓↓↓

・収入を増やす

・お金を節約する

・人間関係が良好になる

・退職後の生活の安心が手に入る

・もっと健康的になれる

・病気にならない

・老後の安心が手に入る

・仕事やビジネスで成功する

・名声を得られる

・喜びが増す

・家事がもっと楽にできるようになる

・もっと余暇が増える

・快適さが増す

・脂肪を減らす

・心配から解放される

 

なんとなく、イメージできましたか?

もうちょっと、具体的な例文で見てみましょう。

以下のコピーには上の、どの「訴求ポイント」が入っているでしょうか?

=========================================

1、どうすれば40歳で15年後の退職計画をたてられるか
(株ファンド)

→訴求ポイント:退職後の生活の安心が手に入る 

2、今後、5年以内に独立したい方へ
(職業専門学校、MBAプログラム、ロースクールなど)

→訴求ポイント:仕事やビジネスで成功する

3、空き時間と副収入についての話
(コンピュータ研修、アルバイト紹介など)

→訴求ポイント:収入を増やす

=========================================

このように、セールスレターで何よりも重要なことは「訴求ポイント」、つまり、「購入してもらう理由」です。

でも、コピーライターや多くのコピーライティング本では、セールスレターで重要なものは「ヘッドライン」であると説明されることが多いですよね。

この説明の本質は、

「キャッチコピー」と「訴求ポイント」はまったく同じものである。

ということです。

効果のあったセールスレターでは「訴求ポイント」はまず、間違いなく「ヘッドライン」で述べられています。

「今、自分が書こうとしているセールスコピーの訴求ポイントは何か」

セールスレターは書くときは何よりもまず、このことを意識して書くようにしてみてください。

これを意識するか、しないかであなたが書くセールスレターの効果が驚くほど変わってくるでしょう。

ぜひ、試してみてください。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)