「筋トレ」は好きですか?セールスライティングは「筋トレ」と同じ

5132824 / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたは「筋トレ」がしたことがありますか?

そう。腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど、あのきついトレーニングです。

僕は学生時代に格闘技をやっていたので、筋トレが趣味になっていたようなマニアックな時期もありましたが、社会人になってからほとんどやらなくなりました。

この前、久しぶりに腕立て伏せをやってみたら10回で力尽きてしまいました・・・。(学生時代は普通に100回できたのに)

さて、なぜ、僕があなたに「筋トレ」の話をしたかというとセールスライティングも「筋トレ」と同じだからです。

セールスライターの仕事は商品・サービスを販売するための文章を書くことです。

そうであるならば当然、日頃から文章を書く習慣を持っておく必要があります。

プロ野球選手やサッカー選手が毎日練習を欠かすことがないように、プロのセールスライターも毎日何らかの文章を書いています。

文章はFacebookでもTwitterでもブログでも何でも構いません。

もし、あなたがセールスライターとして稼ぎ続けることを目指したいと本気で思っているのなら毎日、何かを書くことを習慣にしてみてください。

僕がオススメするのはブログですが、ブログが無理であればTwitterに140文字以内に何か書くことから始めてもいいと思います。

大切なことは最初から完璧を目指さないことです。

1対1のパーソナルな手紙に完璧なものはないように、セールスライティングにも完璧なものはありません。

大切な誰かを思い浮かべて、その人に何かをアドバイスするように文章を書き続けることを習慣にすることができれば、あなたのセールスライティング能力は飛躍的に向上するでしょう。

これは「言うは易し。行うは難し」の世界ですがぜひ、あなたの毎日にライティングの習慣を組み込むことに挑戦してみてください。

体感レベルできっと、素晴らしい変化を体験できるはずです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら