優れたセールスライターになるために必要な「たった1つの習慣」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

書くことを苦手にする人が多い。

これが、僕の率直な実感です。

僕はよく、

「なんで、そんなにたくさんの文章を書くことができるんですか?

「わたしには文才がないので、とても無理ですよ」

と言われることがあるのてすが、そう言われる度に、ちょっとした違和感を感じます。

誰もがライターになれる時代

だって、そんなふうに僕に言ってくる人だって、考えてみたら普段、

仕事やプライベートでメールを書いたり、

趣味でブログを書いたり、

Facebookに投稿して、友達とつながったり、

Twitterで面白い話題を共有したり、

LINEで家族や恋人とコミュニケーションを取っているじゃないか!

と言いたくなってしまうからです。

つまり、これだけ、インターネットやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が発達した社会においては、誰もがライターなのです。

インターネットが、みんなの言葉を解放した

インターネットが出現する前では、到底考えられないことですが、今では誰もが、自分自身の知識や情報、考え方や行動の足跡をメール、ブログ、Facebook、Twitter、LINE、動画だったらYouTubeなどの多様なメディア(媒体)を通して、コストも労力も時間もかけずに、世界に情報を発信することができるんです。

ちょっと立ち止まって考えてみたら、こんな環境がすべて整っているなんて、凄いことだと思いませんか?

だって、昔だったら、世の中の人に言葉を伝えようと思っても簡単ではなかった。

昔は新聞や雑誌、テレビなどのメディア(媒体)に取り上げられやすい芸能人などの有名人、政治家などの有力者、学者などの有識者じゃなければ、なかなか世の中に自分の持っている情報を発信することができなかったのですから・・・。

つまり、インターネットが、そんな環境をガラッと変えたのです。

よく昔、インターネット革命ということが話題にされ(今ではあまり言われませんが)、様々な新技術や新サービスがもてはやされるようになりましたが、それら一つ一つは革命でも何でもありません。

革命の本当の意味はむかし、むかし、フランス革命が起こって、王様が持っていた権力が市民の手に移った時から、何も変わっていません。

そうです。革命の本質は「権力の移行」にあるのです。

つまり、インターネット革命の本質は、情報弱者だった僕らひとりひとりに、情報を発信する力が備わったということにあるのです。

これって、もの凄いことだと思いませんか?

これを革命と呼ばずして、何を革命と呼ぶのかと僕は思ってしまいます。

ブログやFacebook、Twitterなど、どのメディアでも、そこに言葉を打ち込めば、まだ見ぬ誰かに届く。

今、僕たちはそんな時代に生きています。

優れたライターになるために必要なこととは?

さて、今の時代、誰もがライターになることができることは、先に述べた通りですが、優れたライターになるためには、一体、何が必要なのでしょうか?

その答えは、意外にもシンプルです。

ただ、継続的に書く時間を確保し、書き続ければいいのです。

拍子抜けしてしまいましたか?

でも、僕のセールスライターとしての実体験から考えても、これ以外の答えはありません。

書くことに才能は一切、必要ありません。

書くことは筋力トレーニングと同じで、書く時間を確保し、その時間を使って、ただ、黙々と書けばいいのです。

最初はうまくいかないかもしれませんが、続ければ確実にうまくなります。

重要なのは、続けることです。途中で、どんなに居心地が悪く、やめたいと思ってもです。

もっと優れたライターになるための鍵は、とにかく書くことにあります。

一流のメジャーリーガーであるイチロー選手ですら、毎日の素振りを続けています。

同じように、もっと優れたライターになるためには、野球選手が毎日、素振りを怠らないように、書く時間を確保し、その時間を使って書くことが必要です。

そして、書くことを習慣にすることが不可欠です。

なぜなら、「習慣とは毎日の生活を築く見えない建築家」のようなものだからです。

まとめ

優れたセールスライターになるために必要不可欠なことは、書く時間を確保し、その時間を使って、実際に何かを書いてみることにあります。

オンラインの世界では、送り出す言葉が私たちの使者となります。

インターネットのユーザー経験について詳しい編集者のベス・ダン(ハブスポット社の編集者)によれば、言葉こそが世界に対して、私たちが何者であるかを伝えてくれる強力なツールとなってくれるのです。

書くことを習慣にしていきましょう。そして、その習慣を楽しみましょう。

収入アップも、意中の人を射止めることも、一度限りの人生の時間の中で、あなたが本当に手に入れたいものすべては、あなたの心から涌き上がり、頭に伝わって、その指先からキーボードを伝わって放たれる言葉のひとつひとつにかかっているのですから。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら