あるヘッドラインの「たった1つのミス」が広告の反応率を3倍にしてしまったなんて、あなたは信じられますか?

stevepb / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

もし、あなたが書いたセールスコピーの反応率が上がらないのなら、これから紹介するちょっとしたことを変えるだけで反応率が劇的に変わるかもしれません。

それは、とてもとてもシンプルで簡単なことです。

あなたが試すことは、あなたのセールスコピーの中の「〜しましょう」と言っている箇所を「〜になります」と言い換える変えるだけです。

「〜しましょう」ではなく「〜になります」と言い換えれば、広告の反応率は上がる

こんな有名な話があります。

「put music in your life(プット ミュージック イン ユア ライフ)」「あなたの生活に音楽を取り入れましょう」という古典的な広告の話です。

ある時、この広告を出す際にある人が間違って「s」の1文字を足してしまったのです。

その結果、この広告は、

「Puts music in your life(プッツ ミュージック イン ユア ライフ)」「あなたの生活に音楽を与えます」という意味に変わってしまったのです。

もともとの広告は「あなたの生活に音楽を取り入れましょう」と読み手の努力が必要になることを暗示させています。

一方で、意図せず間違ってしまった広告は「あなたの生活に音楽を与えます」と、努力なしで「与えてくれる」という意味に解釈できます。

結果、このたった1つのミスがこの広告の反応率を3倍にもしてしまったのです。

つまり、あなたのセールスコピーを読み手にあれこれと努力を求めるのではなく、受け身で利益が得られるかのような表現に変えてあげることで、広告の反応率を上げることができるのです。

人間は怠け者

人によって差はあるにせよ、あなたの見込み客は怠け者であることを忘れてはいけません。

読み手はいつだって、自らの努力で動きたいとは思っていないのです。

逆に、黙っていても利益が得られることを人は密かに、心の奥底では求めているのです。

そうした読み手の感情や欲求を理解した上で、広告の表現を変えていきましょう。

たったそれだけのことで、あなたの書いた広告は生まれ変わる可能性が高くなるのです。

ぜひ、試してみてください。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら