常にセールスコピーの矛盾に気を配ろう。お客さんは見ています。

一度でも、あなたが言ったこと。または、約束したことと矛盾した行動をとってしまうと、すぐにお客さんから信頼されなくてなってしまいます。

geralt / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

お客さんはセールスレター、ブログ記事の矛盾に敏感です。

例えば、

「半額でこの商品が買えるのは6月30日まで!」

というセールスレターを書いているのに、7月1日になったら、

「半額でこの商品が買えるのは7月31日まで!」

となっていたら、お客さんからは「早く申し込ませるための策略だな」と思われてしまいます。

一度でも、あなたが言ったこと。または、約束したことと矛盾した行動をとってしまうと、すぐにお客さんから信頼されなくてなってしまいます。

だから、あなたが約束したこと。言ったこととの矛盾は排除し、一貫性を持たせる必要があるのです。

人からの信頼や信用を勝ちとるために一番大事なことは、約束を守ることです。

約束には小さな約束、大きな約束がありますが、小さな約束を確実に守ることこそが、最終的な信頼獲得につながっていくのです。

偉そうなことを言っていますが、僕もたくさんの約束をして、破ってきています・・・。騙そうとするつもりはさらさらないのですが、力が及ばなくて悔しい思いをすることが何度もありました。

約束はすることは簡単ですが、守ることは決して簡単なことではありません。

常に、自分自身の約束、そして、言ったことと矛盾がないか、チェックしていきましょう。

そして、相手と約束したことに対しては、全力で取り組んでいきましょう。

たとえ、失敗に終わってしまったとしても、相手はあなたのその姿勢を見ているのです。

失敗を恐れず、そして誠実にセールスライターとしての仕事をしていきましょう。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!