ヘッドラインを書くときの「5つのルール」とは?

コピーライティング
コピーライティング

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、


『ヘッドライン
を書くときの「5つのルール」』

についてお話します。

 

あなたはヘッドラインを書くときに、どのようなことに気を付けていますか?

下記の「5つのルール」を常に確認するようにすると、良いヘッドラインが書けるようになります。

1、相手にとって「得になる」情報を必ず盛り込むこと

*相手の「ほしいものがここにある!」とヘッドラインで知らせます。

2、「新情報」があれば、それをヘッドラインで大々的に伝えること

*「新情報」といっても基準は「相手にとって新しいかどうか」です。

3、「好奇心」を刺激する内容にすることも大事ですが、それには
  必ず「得になる」、あるいは「新情報」を組み合わせること

4、暗い面、マイナス的な表現は避け、明るい面・プラス面から
  見て書くこと

5、手っ取り早く簡単に欲しいものが手に入れられる方法がある
  ことをヘッドラインで知らせること

*もちろん、これは信頼できる内容とセットであることはいうまでもありません。

例えば、こんなコピーです。

もっと楽な仕事でもっと収入アップしたい方へ

このヘッドラインの内容は多くの人々が望むことを手短に表現したものですが、この広告への問い合わせはあまり多くありませんでした。理由は話がうますぎる。信頼性がないからです。

 

この「5つのルール」はコピーライティングのプロが意識的に行っている効果実証済の方法ですのでぜひ、参考にしてみてください。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)