反応が取れるセールスレターの「5つの要素」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今回は、

 

『反応が取れるセールスレターの「5つの要素」』

 

についてお話します。

 

あなたがセールスレターを書くときは、

 

「反応が取れるセールスレターを書くための5つのステップ」

 

の流れで書くと同時に、

 

『反応が取れるセールスレターの「5つの要素」』

 

を意識して書くことが重要です。

 

それでは、ひとつひとつの要素について解説していきます。

 

1、見出し(ヘッドライン)

1つ目の要素は見出し(ヘッドライン)です。

 

ここは、もの凄く重要な要素です。

 

なぜなら、

 

セールスライティングにおける「3つの壁」とは?

 

でも紹介したセールスライティングの1つ目の壁である


「読まれない」

 

を乗り越えるための要素だからです。

 

また、


「反応が取れるセールスレターを書くための5つのステップ」

 

で紹介した「QUESTフォーミュラ」の1番目の


1、Qualify(ターゲティング)

 

の場所になります。

 

従って、この場所で、読み手を惹きつけるような強力な見出し(ヘッドライン)を書けなければ、その先の文章は決して読まれることはありません。

 

読まれないセールスレターでは当然、商品・サービスを販売することはできません。

2、小見出し(サブヘッド)

2つ目の要素は、小見出し(サブヘッド)です。

 

ここの部分はよく見落とされがちですが、見出し(ヘッドライン)に次いで、重要な要素になります。

 

読み手はセールスレターのすべてを読むわけではありません。

 

多くの読み手は、自分の必要なところを探しながら、全体をスキャンするようにセールスレターを読んでいきます。

 

従って、ここでは、小見出し(サブヘッド)だけを読んでも買いたくなるような見出し(ヘッドライン)並みの強力な小見出し(サブヘッド)を書いていくことが重要です。

 

また、本文を読まずとも、小見出し(サブヘッド)だけを順に読んでいっても、読み手に意味が伝えられるセールスレター
を書くことが重要です。

3、ブレット(ベネフィットの箇条書き)

3つ目の要素は、ブレット(ベネフィットの箇条書き)です。

 

ブレットとは、あなたの商品を買うことによって、読み手が具体的に得られるベネフィット(便益)のことです。

 

究極的には、あなたのお客さんは商品を買うのではなく、その商品がもたらしてくれるベネフィット(便益)を買います。

 

ブレットを書くポイントとしては、ヘッドラインにしてもおかしくないほど、強烈なベネフィットを書くことです。

 

また、ブレットは1個や2個ではなく50個、100個とできるだけたくさん書いていくことが必要です。

 

読み手は、あなたが書いたブレットのすべてを読みません。それでも、読み手には、ベネフィットがたくさんあると思わせることが重要です。

 

なぜなら、読み手は、たくさんのベネフィットの中から、自分にとって必要なものに反応し、行動するからです。

4、保障(リスク・リバーサル)

4つ目の要素は、

 

「保証(リスク・リバーサル)」

 

です。


ここでは、

 

「そんな保障して大丈夫なの?」

 

と思われるぐらいに強力な保証を書いてください。

 

ただし、あなたが必ず実践できるものにしなければいけません(嘘はいけません)

 

これを言うとよく「返品が怖いのでできない」という人がいますが、そうだとすればそもそも、自信のないものを売ること自体が問題なのだと認識してください。

 

リスクは必ずとってください。

 

なぜなら、

 

リスクを引き受けるあなたの自信が読み手にも伝わり、購入を躊躇する読み手の財布を開くことになるからです。

5、追伸(ヘッドラインの次に重要な要素)

5つ目の要素は、

 

「追伸(ヘッドラインの次に重要な要素)」

 

です。

 

追伸には、2つの役割があります。それは、

 

1つめは「最後の一押し」をする役割

2つめは「本文を読ませる」役割

 

です。

 

「以外!?」と思うかもしれませんが追伸は、見出し(ヘッドライン)の次に読まれる場所です。

 

多くの人はまず、見出し(ヘッドライン)を読み、一気に最後まで画面をスクロールして、最後を読む傾向にあります。

 

ですので、読み手が追伸に書かれた文章を目にする時、必ずしも本文が読まれているとは限らないのです。

 

これが、追伸が見出し(ヘッドライン)の次に重要だと言われる理由です。

 

基本的にセールスレターは、この「5つの要素以外」はほぼ読まれません。

(日ごろからセールスレターを研究している人なら読みますが)

 

だからこそ、セールスライターはこの「5つの要素」を読み手に読ませることに、注力しなければなりません。

 

最後に、読み手にセールスレターを読ませるための、とても強力な方法を紹介します。

 

それは、ストーリー(物語)を語ることです。

 

不思議と優れたストーリー(物語)は、それほど、多くのベネフィットや証拠を強く提示しなくても読み手に読まれ、信用されていきます。

 

ストーリー(物語)は基本的にはセールスレターの最初の方に入れることが多いですが、それはセールスレター全体のバランスを考えて、配置するようにしてください。

 

以上が、

反応が取れるセールスレターの「5つの要素」

1、見出し(ヘッドライン)

2、小見出し(サブヘッド)

3、ブレット(ベネフィットの箇条書き)

4、保障(リスク・リバーサル)

5、追伸(ヘッドラインの次に重要な要素)

+ストーリー(物語)

です。

ぜひ、あなたのセールスレターにも活用してください。

 

追伸

会社に絶望したある男の話

会社に絶望したある会社員がいました・・・

その会社員がある「1本のペン」を使って、会社を辞めて自由になった方法を今、無料ビデオで公開しています。
↓↓↓
会社に絶望したある男の話

もし、あなたが、、、

・一生、会社員のままでいいのか?
と疑問を感じている…

・増えない給料、深夜の残業、
仕事のできないダメ上司にウンザリしている…

・会社の歯車として働いている自分の将来に
「閉塞感」を感じているなら…
それなら、
会社に絶望したある会社員が使った方法は、
きっとあなたの役に立つでしょう。
↓↓↓
会社に絶望したある男の話

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)