こんにちは。HIROです。

 

いきなりですが、

あなたに「大切な1つの質問」をしたいと思います。

もし、今、この瞬間にあなたが大切にしているすべてを
失ってしまったとしたらあなたには一体「何」が残りますか?

 

「突然、何を言うんだ!?」

 

そう思いますよね。

でも、この「問い」はとても重要な「問い」です。

なぜなら、これは、あなただけの「強み」を
見つけるための「問い」だからです。

 

自己啓発セミナーのワークショップで行うような

積極的だとか、分析力が鋭いとか、人脈があるとか、
HPがつくれるとか、打たれ強いとか・・・

そんな薄っぺらい「強みのようなもの」ではなく、
いつもは隠れているけど、そこに在り続ける
あなただけの「強み」を見つけるための「問い」です。

 

人は生きている限り、すべてを失う可能性は常にあります。

 

あなたに限ってないということはありません。

 

・ある日、突然、会社をリストラされるかもしれない・・・

・ある日、突然、事故にあうかもしれない・・・

・ある日、突然、大切な人を失ってしまうかもしれない・・・

・ある日、突然、重い病気にかかってしまうかもしれない・・・

・ある日、突然、一文無しになってしまうかもしれない・・・

 

苦労、困難、失敗、敗北、挫折、そして喪失・・・。

これらの体験は多くの人が避けたいと願います。

でも、決して避けることはできません。

 

逆説的ですが、

第一線で活躍している「本物の人」というのは例外なく、
これらの体験を避けたり、誤魔化そうとするのではなく
真正面から受け止め、そして、乗り越えています。

そして、その結果として「人と違った視点」や「強さ」を
身に着けるに至っています。

 

「人と違った視点」というのはビジネスに
おいては圧倒的な「強み」になります。

 

「強み」とは、あなただけの知識と経験の総体です。

 

他人には、決して真似ができないものです

 

僕が常々、「楽々系のノウハウ」に対して強い警戒感を
持っているのはあなたには一刻も早く、

「誰かに依存したい」

「何かに依存したい」

「人と同じでいたい」

という気持ちを捨て去って欲しいからです。

ビジネスでは依存心を持ったとたんに、稼げなくなります。

また、ビジネスでは「人と同じ視点」を持ったとたんに、

安心できるかもしれません。

人から批判されなくなるかもしれません。

もし、うまくいかなくても誰かのせいにすることができるかもしれません

でも、確実に儲からなくなってしまいます。

あなたがお客さんだったら、人と同じようなことを言っていて、
どこかで聞いたようなことを言っている人の勧める商品を選び、
買いたいと思いますか?

 

最初の「問い」に戻ります。

 

もし、今、この瞬間にあなたが大切にしているすべてを
失ってしまったとしたら、あなたには一体「何」が残りますか?

 

その答えこそが、あなただけの「強み」、すなわち、
本物になるための「ダイヤモンドの原石」を見つけ出す
「問い」なのです。

 

ですから、真剣に考えて答えを出してみてください。

 

自分の内側にある「ダイヤモンドの原石」に気づき、
それを磨き続けること。

 

本物になるためには、それをするしかありません。

 

大事なことは「失わないこと」ではなく、
すべてを失った時に「あなたの中に残り続けるもの」です。

 

「自らを危険にさらすこと」

 

逆説的ですが、

「深い絶望」の先に「本物の希望」があるのです。

一日も早く、自分の「強み」を自覚してください。

 

そこから、あなたが生きる一瞬一瞬が変わり、輝き始めます。

 

追伸:

いい加減、楽々系のノウハウを求めるのは、やめにしませんか?

「本物」をひたすら聞き続けて、コピーライティングと
マーケティングの本質を頭にたたきこみながら、自ら
アウトプットを繰り返した方がよっぽど、本物の知識と
スキルが習得できます。

↓↓↓

ネットビジネス大百科

一時的に稼ぐのではなく、稼ぎ続けるためには、
まず、「ビジネスの本質」を押さえることが一番
の近道です。

サラリーマンの大逆襲

なぜ、このビジネスは、商品なし、経験なし、コネなし、初期投資なし、売るためのメディアなし、リストなし、そして、会社をやめなくても、リスクなく副業からでも始めることができるのか?

6ヶ月以内に現在の収入以外に、月収30万円以上を稼ぐ方法

もし、あなたが今のビジネスだけでは不安で、もう1つの収入源が欲しいと思っているのなら、このまま頑張った先に、自分の求める未来がないと感じているのなら、これを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事