こんにちは。HIROです。

 

あなたは不思議に思ったことはないでしょうか?

 

「一生懸命にテクニックを学んでいるのに、いつまで経ってもうまくいかない?」

「こんなにがんばっているのに、どうしてうまくいかないんだろう?」

 

実は、これには明確な理由があります。

 

僕は最近、書店にあまり行かなくなってしまったのですが先日、久しぶりに書店に行く機会がありました。

 

ビジネス書のコーナーに立ち寄ってみたのですが、物凄い数の「成功のための考え方やテクニック」について書かれている著書で溢れていました。

 

僕もかつては、ビジネス書を山ほど買って、そこに書いてある考え方やテクニックを片っ端から試すことをしていた時期がありました。

 

でも、結果はまったくダメでした・・・。

 

がんばっても、がんばってもうまくいかなのです。

 

なぜ、ダメだったのか?

 

それは単純に、本に書いてあることは自分のものではなく、他人のものだったからです。

 

これは僕が本格的に他人のマーケティングやコピーライティングを手伝うようになってからよく見えてきたことなのですが、ビジネスで失敗してしまう人というのは考え方やテクニック、商品やビジネスモデルなど、自分以外の場所に答えを求めてしまう人なんです。

 

そんなことをしても答えなど、永遠に見つかるはずがありません。

 

なぜなら、ビジネスの本質はいつだって、相手の問題解決にあるからです。

 

だから、ビジネスを行う上では、まずは何よりも自分自身を「相手の頼れる問題解決者」と見なす必要があります。

 

それをしないで、どんなに素晴らしい考え方やテクニックを身につけようと努力しても残念ながら、それは本当に使えるものにはなりません。

 

あなたのビジネスの相手は商品だけではなく、それを勧めるあなたを信用し、信頼し、好きになってくれてはじめて、あなたから商品を買う決断をします。つまり、商品だけが相手の購買の意思決定要素ではないのです。常にあなた自身の在り方、言動が見られているのです。

 

今のあなたに自信がなくとも、実績がなくとも、そして知識や経験がなくとも関係ありません。そんなものは、後からいくらでもついてきます。

 

大切なことは今、この瞬間からでも「相手にとって頼れる問題解決者としての自分」を演じることを始めることです。

 

あなたはまだ、心から自分自身の力を信じることはできなくても、演じることならできるはずです。

 

演じるうちに、自然と自信も生まれてきますし、自分自身がやるべきことも見えてきます。

 

セルフイメージ(自分自身に対するイメージ)を変えることなしに、外部の要因に頼ろうとしても、それは砂の上に家を築こうとしていることと一緒です。基盤が弱いので、すぐに崩れ去ってしまいます。

 

そもそも、巷に溢れるテクニックというのは本来、「問題解決者としての自分」という土台があって、はじめて武器となるものです。どんなに素晴らしいテクニックでも、土台がなければ宝の持ち腐れです。

 

ゼロにいくら数字を乗じても結果は変わらずゼロなように、セルフイメージが定まらない自分(=ゼロ)にいくらテクニックをか与えても、結果は変わらずゼロのままです。

 

あなたは勉強熱心でとても頑張っています。でも、これが現実なのです。

 

でも、安心してください。この「セルフイメージを変える方法」は実はとても簡単なのです。あなたが無意識に支配されている心のメカニズムに気づくことができれば、あなたは自由自在にセルフイメージを作り、育て上げることができるようになります。そのためにぜひ、この情報をチェックしてみてください。

↓↓↓

あなたは無意識に自分を不幸にしている?

不安、悩み、ストレスからあなたを開放する脳と心の科学を徹底解説。全世界3,000万人が読んだDr.モルツのサイコサイバネティクス入門書を今なら、テストマーケティングが終わるまで無料で手に入れることができます。
↓↓↓
「自分を不幸にしない13の習慣」

この知識を得て、自分自身を相手にとっての変化の代理人、価値の創造者だとみなすことができたら、すぐに行動を始めてみてください。

テクニックを一生懸命学ぶよりも、かなり早い段階で小さな変化、成果が出始めますよ!

 

サラリーマンの大逆襲

なぜ、このビジネスは、商品なし、経験なし、コネなし、初期投資なし、売るためのメディアなし、リストなし、そして、会社をやめなくても、リスクなく副業からでも始めることができるのか?

6ヶ月以内に現在の収入以外に、月収30万円以上を稼ぐ方法

もし、あなたが今のビジネスだけでは不安で、もう1つの収入源が欲しいと思っているのなら、このまま頑張った先に、自分の求める未来がないと感じているのなら、これを手に入れてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事