「ビジネスで成功する」とは?

目標達成の技術
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、


「ビジネスの成功」

 

についてお話します。

 

さて、あなたに質問したいのですが、

 

あなたにとって「成功」とはなんでしょうか?

 

多くの人は毎日、漠然と

「いつかは成功したい」

と考えています。

 

でも、驚くことに「自分にとっての成功」を
明確に定義して毎日、それを意識して行動
している人は多くありません。

 

「高い収入」や「社内における出世」など成功は
自分以外のもの、例えば「社会」や「会社」に求める
ものではないと僕は思います。

 

なぜなら、いつまで経っても心が満たされないからです。

 

たとえ、あなたが社内の出世競争に勝ち残り、高い収入が
得られたとしても、その競争には終わりがありません。

 

毎年、ビジネス環境は激変して苦しくなるばかりだし、社内における
あなたのライバルは常にあなたのポジションを狙っています。

 

あなたは、そんな「終わりのない競争」を一生続けたいですか?

 

僕は嫌です。

 

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが僕は成功とは、
自分自身の心に求めるものだと思っています。

 

成功とは「自分自身が心から満足できるもの」です。

 

成功は自ら明確に定義しない限り、
やってくることはありません。

 

忙しい毎日に流されて、人生の時間は
あっという間に流れ去っていきます。

 

僕にとっての「ビジネスの成功」の定義は、
以下の3つです。

1、経済的に困らない

やはりお金は大切です。確固たるビジネスモデルを
確立して、常に安定した収入がある状態を目指して
います。

2、好きな仕事=求められる仕事

人生は短いので、いくら儲かるからといっても
自分の嫌いな仕事をしたくありません。

また、たとえ、好きな仕事ができていたとしても
儲からなければその仕事からは、真の満足感
は得られません。

3、人間関係のストレスからの解放

人生は短い。わざわざ嫌いな人や顧客と
付き合っている暇はありません。

とはいっても、僕はコピーライターであると同時に、
産業カウンセラーなので「人」と「組織」に興味
があります。

ですので、自分は個人であると同時に組織人
という立場にないと「顧客の真の気持ち」は分からないと
考えて、多少わずらわしいこともありますが、今は
社内起業家的な立場で仕事をしています。

 

この3つを同時に得ることは難しいですよね。

多くの人はそれぞれの環境の中で、
何かしらを犠牲にしています。

 

お金はあるけど、事が好きではなく、ストレスたくさん・・・

お金がないけど仕事が好きで、ストレスも少ない・・・

お金そこそこ、好きな仕事まずまず、ストレスほどほど・・・

 

現実はこんな感じなのではないでしょうか?

 

でも、その現実は変えられます。

 

僕の場合は、やはりコピーライティングに
出会ったことが大きかったですね。

 

世の中、まだまだ誤解がありますが、

コピーライティングとはうまい文章を書くことではありません。

コピーライティングとは、売るために必要なすべての文章を
書く力のことです。

 

従って、コピーライティングをやっていれば、必然的に
ビジネスに関するあらゆることはコピーを書きながら
学べてしまいます。

 

どんなに素晴らしいビジネスモデルやマーケティングを学んでも、
それを具体的な文章に落とし込む力がなければビジネスは
一歩も前に進みません。

 

僕は最初、コピーライティングに関するありとあらゆる書籍や教材を
試しましたが現時点では、やはり『ネットビジネス大百科』に勝るもの
はないと思います。

 

コピーを書いて稼げるようになっても『ネットビジネス大百科』には、
いつの時代でも通用する「ビジネスの本質」、「コピーライティングの本質」
が詰まっているので、いつ復習しても必ず発見や気づきを得ることができます。

 

だいぶ横道にそれてしまいましたが要するに、僕があなたに言いたいことは、

 

『1日も早く「自分自身の成功」を追いかけて欲しい』

 

ということです。

 

僕は人材ビジネスをやっているので日々、たくさんの人たちとお会いするの
ですが、彼らを見ていて社会や会社の常識に縛られてしまっている人は、
残念ながら稼ぐことができません。

 

魅力があって稼ぐことができる人は、

 

・自分自身の成功を意識して、それに向かって行動している人

・自分自身の個性を発見し、磨き続けている人

 

この2点に集約できます。

アメリカの初等教育では、

 

・Define your own success (自分自身の成功を定義しなさい)

・Find your own uniqueness(自分自身の個性を発見しなさい)

 

と学校の先生から教えられるそうです。日本の教育と正反対ですね。

 

これからの日本で生きていくためには、

 

「みんなと同じ」

 

を目指すとどんどん苦しくなってくると思います。

 

これからは、

「成功を自分の中に見出すことができる人」

が活躍する世の中になると僕は思っています。

 

「みんなと同じ」は楽だけど危険だ。

 

僕は常に、こんなことを意識して仕事をしています。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)